イースト入り発酵パンケーキ

私は子どものころからホットケーキとかパンケーキとかはさほど好きではありません。が、パンケーキを作るのは大好きだし、同居人が無類の甘党なので、ずいぶんいろんなレシピを試してきました。これは日本からの帰りの成田空港で買った「暮らしの手帖」でたまたまレシピを見つけたもの。イーストで発酵させるパンケーキっていうのを初めて見たので興味本位で作ってみたのですが、これが美味しい。かなりクレープに近い食感ですが、クレープではない。これまでパンケーキはふわふわのリコッタパンケーキみたいなのが一番と思っていましたが、宗旨替えしました。シロップで食べるよりも有塩バターだけか、ハニーバター(有塩バターとハチミツ同量を混ぜる)をつけるのがおすすめ。クレープ同様、辛口のトッピングとも合って、パンがわりにおかずと一緒に食べることもできます。
小麦粉は薄力粉でも中力粉でもいけます。私は薄力粉に全粒粉の中力粉を半分混ぜています。もとのレシピは重量でしたが、アメリカ流にだいたいの容量に変換しました。何度か作るうちに分量も混ぜ方もどんどん適当になっていきましたが、まったく大丈夫でした。焼くのも簡単。ひっくり返すのも簡単です。前の晩に仕込んでおきさえすれば数分で出来上がります。
材料:卵1個、砂糖小匙2、牛乳250cc、小麦粉1カップ、ドライイースト小匙1/4、溶かしバター(有塩)大匙1

1. 粉とイーストをよく混ぜておきます。

2. 泡だて器で卵と砂糖を軽く混ぜ、牛乳を加えてさらにまぜます。

3. そこに粉とイーストのミックスを加えてなめらかになるまで混ぜます。粉はふるわなくても大丈夫。

4. 熱い溶かしバターを加えて混ぜ、ラップをかけて冷蔵庫で一晩ねかせて発酵させます。

5. 朝になるとタネが分離したようになっているので均一になるまで軽くまぜます。

IMG_1192

6. テフロン加工のフライパンにペーパ―タオルでうすく油をひいて中火にかけます。

7. タネを玉杓子ですくって流しいれます。この時フライパンを回したりしないで自然に広がるようにします。ゆるい生地なので勝手にひろがってくれます。

IMG_1194

8. 表面に細かい穴があいて固まってきたら裏返します。薄いので両面で数分で焼けます。

IMG_1191IMG_1193

*余ったタネは冷蔵庫で翌日まで保存できます。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中