Windows 10のFall Creator’s Updateに要注意!

通常のセキュリティアップデートの大型版と勘違いして、うっかりインストールしてえらい目にあいました。Chromeの画面がいきなり真っ暗。カーソルを動かすと反応するので機能しているはずなのですが、displayが真っ黒。コマンドの帯も表示されないので処置無しです。PCを再起動しても変化なし。Chromeを再インストールしようとしたらアンインストールができない。Safe modeで立ち上げてやっと再インストールができました。ところが、再インストールしたChromeもSafe modeでは機能するのに、通常モードではやっぱり真っ暗。つまり問題はChrome ではなく、Fall Creator’s Updateの新しい機能がChrome の表示機能とコンフリクトを起こしているということです。Chromeは今、一番リライアブルなブラウザとされているので、Chromeを使うよう指定されている仕事がいくつかあり、他のブラウザに変えればいいというわけにはいきません。Chrome回復は必須というわけであれこれ試行錯誤のあげくChromeのadvanced settingsのhardware accelerationを無効化することで、やっと解決しました。Chromeのような一般的なブラウザでこんなことが起こるなんて、評判悪いEdgeをプロモートするためにわざとやってんじゃないかと思われてもしかたかないぞ、Microsoft!ちなみに私がやったのはPCを再起動してみる、というところまでです。そのあとはすべて優秀な家庭内テックサポートがかなりの時間をかけて解決してくれました。PCを起動するたびに自動的に立ち上がるUpdateのお知らせはNo Thank Youのチョイスがなくて、Do it nowかLaterだけなのでお気をつけください。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中