アメリカ大統領選ウォッチ5

アメリカ大統領選ウォッチ5
共和党がやばい。

 
共和党は、サウスカロライナでケーシックが沈み、ブッシュが撤退したことで、共和党エスタブリッシュメント側の候補はルビオで一本化されました。が、ネバダでもトランプは45.9%という圧倒的な強さを見せ、ルビオは2位につけたものの23.9%。果たして挽回は可能なのかというのが現在の論議の的です。

ところで、このルビオですが、日本のニュース番組で中道穏健派とされていたのでたまげました。おそらくアメリカでルビオを中道穏健派だと思ってる人は誰もいません。そもそもティーパーティをバックに反エスタブリッシュメントとして出て来た政治家ですから極右といってもいいくらいです。自身がラテン系であるために移民政策に関してのみは中道といってもいいかもしれませんが、その他の社会政策に関しては、とんでもなく時代錯誤な保守です。なにしろ、たとえレイプによる妊娠であっても、中絶には反対。アイドルはレーガンで、軍備を増強して強いアメリカの再来を目指すっていうんですから、はんぱじゃありません。これに比べれば、トランプだって穏健ではありませんが中道です。ただしご都合主義のカメレオンとも言われるルビオはトランプやクルーズのような反エスタブリッシュメントではありません。そういう意味で共和党エスタブリッシュメントの考える常識からは一番はずれていないのです。保守中道を行くはずだったブッシュが大コケした今、もうトランプさえなんとかできればルビオでもいい、というのがエスタブリッシュメントのたどりついた妥協案です。

だからリベラルにとってはトランプだろうとルビオだろうとクルーズだろうと誰が勝っても最後に共和党に負けたらブッシュ政権以上の悪夢に違いありません。それだけに、民主党にとっては、11月の本選挙で共和党に勝てる候補ということがますます重要になってきました。ほんの数ヶ月前までは、相手がトランプならラッキーくらいに思っていた民主党も、このトランプの勢いをみて不安を募らせています。

その民主党はネバダはヒラリー52.6%、サンダース47.3%でヒラリーの勝利。次のサウスカロライナ州は最初から黒人層に強いヒラリー勝利が予想されているだけにサンダースの勢いもここまでか、という感じです。それにしても、白人であるヒラリーがどうして黒人層に圧倒的に強く、貧乏人の味方であるはずのサンダース、若い頃には人種差別に反対する民権運動で逮捕歴まであるサンダースが票をとれないのでしょう。一番の理由はおそらく知らないからです。

トランプにダメージを与えるはずと思われたローマ法王事件がラテン系の票にすら何の影響もなかったのも、これが意外と伝わってなかったからなんじゃないか、と思います。これだけ大々的に報道されてるんだから、誰でも知ってるだろうと思うのは大きな間違いで、新聞だってインターネットだってテレビのニュースだって、きっと受け手はごく限られた一部の人たちなのです。世の中の人全部が知ってるヒット曲がなくなった今、世の中の人全部が見てるニュースなんていうものもないのです。情報が増えたってことは、それだけいろんなところに壁ができたということなんだなあ、と選挙戦をみていて、つくづく思います。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中