こねないパン

bread

混ぜるだけでできるパンです。しかも材料は粉、塩、イースト、水だけ。後はエナメル加工の厚手のダッチオーブン(ルクルーゼなど)が必要です。味は本格的なカントリーブレッド。ただし時間はかかります。発酵時間が12時間。でも焼きたては本当に感動的な美味しさ。外はカリカリでなかはもっちり。これを知ってから、まったくパンを買わなくなりました。
材料 
強力粉 (3カップ)*
塩 (小さじ1)
イースト (小さじ0.5 )
水 (1.5カップ)

*カップはアメリカサイズの1カップ=225ccです。

1.  大きなボウルに水以外の材料をいれてよく混ぜてから、そこに水を注いで、ゴムべらで粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

bread1
2.ベタベタして、なめらかさのない生地ですが、これでかまいません。

bread2
3.そのままラップをかけてキッチンに放置すると、3~4時間でこんな感じになります。

bread3
4.夏場だったら8時間くらい、冬場は12時間くらいでこんな感じまで醗酵します。こうなったら一次醗酵終了ですが、この後何時間か放っておいても別に問題はありません。つまり醗酵時間は適当です。

bread4
5.このパンを焼くにはエナメル加工の厚手のダッチオーブンが必要です。これを蓋をしたまま230度のオーブンで30分くらい空焼きして熱くします。

bread5
6.鍋を空焼きしている間にパンを成形します。まな板でも天板でも適当なものに粉をたっぷりふっておきます。ふるというより広げるという感じ。

bread6
7.そこにボウルで醗酵させた種をおきます。手を使うとくっつくのでゴムべらをつかってボウルからかきだします。

bread7
8.手に粉をつけながら、丸くまとめます。そのまま2~30分二次醗酵させます。

bread8
9.鍋が充分熱くなったら、鍋をオーブンから取り出し(ものすごく熱いので厚手のごっついキッチンミトンは必須です)、蓋をあけて、丸くまとめた種をいれます。ボトっと落とす感じです。多少変形しても焼き上がりは丸くなるので心配ありません。

bread9
10.蓋をして、そのまま230度のオーブンで15~20分くらい焼きます。

bread10
11.だんだんパンが焼けるいい匂いがしてきます。ここで鍋の蓋をとり、さらにキツネ色になるまで焼きます。5~10分くらいです。

bread11
これはプレーンですが、ドライフルーツやナッツ、刻んだハーブやチーズを混ぜても美味しいです。そのときは一次醗酵させる前から混ぜ込んでおきます。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中