日本のニュースのBGMとFEMA

I was watching the Japanese news show on the Japanese broadcast channel. It was about the typhoon disaster on Izuoshoma Island and showed the scene of a huge mud slide. Charles asked me “What is this scary music? It is like a Godzilla movie or something. Isn’t it news?” It took me a while to understand what he was talking about. While Japanese news shows often use background music to make the scene more dramatic, American news shows do not use any background music for their report. I knew it, but I never thought the background music sounded so peculiar to an American. After 25 years here, I still encounter something new.
In that Japanese news show, there was a discussion about how to fix the response of Japanese government to natural disasters. One of the panelists said Japan needed a special agency to deal with natural disasters, like FEMA in the US. Really?  I think most Americans are not proud of FEMA as a good example.

日本語放送で、今回の伊豆大島のような自然災害対策を考えるという報道番組をやっていました。伊豆大島の土石流の映像が流れているところで、隣にいたチャールズが「なんだ、このゴジラ映画みたいなおそろしげなBGMは。これはニュースショーだったんじゃないの?」と言いました。一瞬チャールズが何を言ってるのかわからなかったのですが、そういえばアメリカの報道番組では報道映像にBGMがつくことはないのです。私はこれまで何の疑問も抱かずにアメリカの報道番組も日本のゴジラBGM付き報道番組も観ていましたが、アメリカ人には大変奇異に感じられるらしいです。在米25年にしてまだある新しい発見。
で、この番組の中で「日本政府には自然災害に対応する機関が必要だ、例えばアメリカのFEMAみたいに」と一人のパネリストが発言していました。FEMAってカトリーナ以来アメリカで自然災害があるたびにその無能ぶりと効率の悪さを批判され、かえって邪魔になってるだけみたいに言われてる組織なんですけどね。FEMAを他国にお薦めしたいというアメリカ人をさがすのは難しいと思う。