歌舞伎座こけら落とし

勘三郎の次は団十郎。まるで重要なカードから順番にとられていくような歌舞伎界。歌舞伎に熱中していたのが十代の頃なので、未だに当時の若手が私にとってのスター。このところ、帰国しても観たくなるような座組と演目の歌舞伎がないと思ってましたが、ますます観たいものがなくなるわけです。
これだけの人柱の上に建つ歌舞伎座。器だけ新しくしちゃって大丈夫なのか松竹?とりあえず団十郎の代役はどうするんだろう?と演目をチェックしてみました(日本に行く予定はないのでどうせ観ることはできませんが)。歌舞伎座さよなら公演も何ヶ月もひっぱって稼いだ松竹ですが、こけら落としも4月から6月まで3か月。しかも3部制で演目少ないのに料金は1等席が20000円!そのわりにはこれじゃ完売できまい、と思う地味な演目と配役の回もあり(5月の第一部、6月の一部、二部)。
で、配役を見ていて気づきました。三ヶ月も杮落とし公演をやりながら、猿之助一門がまったく出ていない。おもだかや一門はどこか他で襲名披露で稼いでくださいってことか。中車はともかくとしても、人気や話題性からいって1ヶ月くらいは新猿之助を出すのが観客サービスというものだろうに。30年前とちっとも変わってない仲間はずれ状態。
それにしても、松竹いわくどれも当代一の配役だそうだけど、勘三郎がいないと演目も配役もとてもさびしい。さらに団十郎をぬくと、歌舞伎から最も歌舞伎らしい人が欠けてしまったのだということが実感される演目になっています。
で、気をとりなおして代役予想。あまりにも可能性が限られているので予想ってほどのこともないのが悲しい。
4月第一部「鶴寿千歳」これはともかく格付けが第一だろうから菊五郎か吉右衛門。(相手役が藤十郎だから関西系の仁左衛門はなかろうということで)
第二部「白浪五人男」の日本駄右衛門は吉右衛門(もしかすると仁左衛門)
5月第一部の「三人吉三」の和尚吉三も吉右衛門、第三部の「石切梶原」の大庭三郎は幸四郎。
6月第二部の土蜘蛛の源頼光は吉右衛門(もしかすると梅玉)。第三部の「助六」はお父さんの追悼演目ということで海老蔵。
ところでこの海老蔵、団十郎死去のニュースのインタビューに答えて「(団十郎が)愛のあるかたでいらっしゃいました。」「(団十郎が)おっしゃっていました。」といくらなんでもな敬語を連発。こんなときだから、これをどうこういう人もいまいけど、30過ぎのいい年になるまで誰も教えてやらなかったのはなぜだ?1.市川宗家御曹司に注意するのはおそれおおい。2.わざと教えてやらない。3.逆切れするかもしれないから(さわらぬ神にたたりなし)。このまま市川宗家当主になるんじゃ本人にとっても歌舞伎にとっても日本にとっても不幸だ。誰か言ってやってくれ。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中