新刊のご案内『モトコさんの生活単語帳』IBCパブリッシング

新刊のご案内『モトコさんの生活単語帳』IBCパブリッシング

大手書店の英語学習のコーナー、またはamazonでお求めいただけます。1200円(税別)です。
IBCパブリッシングの新刊紹介
http://www.ibcpub.co.jp/eigogakushu/9784794601537.html

新刊のご案内『モトコさんの生活単語帳』IBCパブリッシング

大手書店の英語学習のコーナー、またはamazonでお求めいただけます。1200円(税別)です。
IBCパブリッシングの新刊紹介
http://www.ibcpub.co.jp/eigogakushu/9784794601537.html

 

カンサイ (2012年3月26日)

 娘が唐突に「関西って行ったことある?」ときいてきました。その関西から昨日帰ってきたんですが(こいつを旅に連れていった意味はあったのか)。
 「なぜ?」ときくと、シアトルのボーイフレンドからこれも唐突に「オムレツはカンサイのほうがカントウよりおいしい」というメールが(英語で)きたんだそうです。
 日本人でもなく、日本語も知らず、日本通でもない彼がなんで「カンサイ」なんて言葉を知ってるんだ?と追求したところ村上春樹の「海辺のカフカ」に出てきたのだそうです。川端康成も大江健三郎もまったく知られていませんが、村上春樹は大学生に普通に読まれているようです。娘は読んでないけど。
 いずれにしても恐るべし村上春樹。

バチャータとクンビア (2012年1月10日)

 Zumbaを教えだしてから、必要に迫られてラテン系音楽のことを調べるチャンスが増えました。もともと音楽にくわしいわけではないので、ラテンのリズムもほとんど知りませんでした。ズンバでは最低でも5,6種類のラテン系のステップを教えることになっていて、初めて聞く音楽がたくさんあります。サルサ、メレンゲ、チャチャ、サンバくらいは名称だけは知っていましたが、クンビアとバチャータはズンバで初めて知ったカテゴリーです。
 で、結構気に入ったのがバチャータ。使える曲はないかなあ、とリサーチしていてめぐり合ったのが「Bachata en Fukuoka」。
 最初は空耳アワーかと思いました。これを歌っているJuan Luis Guerraというのはバチャータの大御所なんだそうで、この曲もラテンのグラミーだかを受賞したヒット曲だそうなので、日本でも知ってる人は知ってるのかもしれません。このミュージックビデオがえぐい。
http://www.youtube.com/watch?v=5E87B3t9cnY
 ズンバでは、バチャータらしいバチャータを入れるインストラクターは多くはないのですが、私は好きです。ビートの速い音楽ばっかりの中で変化がつくので。私は日本人でもあるし、ってことで「Bachata en Fukuoka」採用。
 バチャータコンテストなんかをみると、カップルでものすごーくエロい踊り方をしてるのですが、ズンバの場合はもちろんそんなエロい振りにはなりません。とはいっても多少くねくねしないとただの足踏みになっちゃいますが。
 そして、クンビアです。クンビアはコロンビアで奴隷の労働歌として生まれたリズムだそうで、ゆっくりめの2拍子のリズムです。同じ2拍子でもメレンゲみたいにチャッチャカしてなくて、ズンドコズンドコというもっさりしたリズムです。最初に習ったときは、のりの悪い「なんだかなあ」なリズムだと思っていました。ズンバのCDに入ってる曲も朴訥な雰囲気の曲が多いので、伝統音楽に近い位置づけなのかと思っていました。が、調べていくと、ラテンアメリカの国ではクンビアは歌謡曲として大変人気があるらしく、とくにペルーでは、どこに行ってもクンビア一辺倒なんだそうです。ペルーの人たちは、あの「コンドルは飛んでいく」みたいな伝統音楽じゃなくて、クンビアばっかりきいているらしいです。で、このペルーのクンビアって昭和の香りがするんです。ペルーの国民的アイドル、Grupo 5の曲がこれ。
http://www.youtube.com/watch?v=eVZHsc34icQ
 まるで昭和30年代の日本の世界が南半球にスライドしたようなこの雰囲気。このゆるいリズム。リードボーカルのお兄さんは加藤茶の若い頃に似てるし、バックコーラスで踊ってるおじさんは荒井注そっくり。ノーネクタイのグレーのスーツ姿は、昭和30年代の休日のサラリーマンを彷彿とさせます。
 日本人がペルーのクンビアについて書いたブログには「くせになる音楽」とありましたが、まさにそのとおりで、冗談で聞いているうちについつい口ずさんでしまうようになります。昭和育ちの日本人には馴染みの良い音楽なのかも。日本語でクンビアと入力してリサーチすると、弘田三枝子「恋のクンビア」というのが出てきます。私は全然知りませんでしたが、昭和30年代にクンビアが日本ではやったこともあったんですね。
 ペルーのクンビアっていうのは、たくさん聞いてみると、不思議なお約束があるのに気付きます。まず必ずイントロで自分たちのグループ名を叫ぶことになっています(グルーポ・シンコ!とかグルーポ・ネクター!とか)。まあ、わかりやすくていいですが。ビジュアルに女の子が入る場合には、必ずトング(Tバック)の水着に超ミニのスカートをはいた若いお姉さんたちがお尻をブリブリ振るだけ(ほんとにそれだけ)の踊りになります。撮影アングルはもちろん下から。日本やアメリカじゃプライムタイムには絶対放映できないアングルです。クンビアバンドには男性バンドが多いし、観客も女性が多いのになぜかこれはお約束。女性バンドの場合はバンド全員がTバックで踊りながら歌うことになっています。
 ちなみにこのGrupo 5の「Te Vas Te Vas」にも振りをつけてみました。こんなどんくさいリズムでズンバになるのか、と思うかもしれませんが、昭和育ち世代には、こういうゆるいリズムもいれないと身体がもちません。ペルーじゃどこのクラブでもこの手のクンビアで踊ってるそうだし。

犬猫その後 (2012年1月10日)

 同居しはじめて3ヶ月。ラッキーは2階のオフィス兼寝室でほとんど1日過ごし、猫たちは1階のリビングルームとキッチンでこれまで通り生活しています。誰かがいるときなら猫と一緒にラッキーを1階につれていける程度にはなりました。
 おボーとラッキーはお互いに無視しつつ共存することができるようになっているのですが、問題はおスモーです。うっかり出会い頭に目が合ったりしようものなら、まるで「ペットセメタリー」に出て来る猫みたいに恐ろしい形相になり、「ガンつけんじゃねえよ」とばかりにシャーシャーと威嚇します。たいがいはラッキーがあとずさりして終わるのですが、たまにラッキーが吠え出すと大変な騒ぎになります。当然私に怒られるのはラッキーです。チャールズは私が猫の味方ばかりするといいますが、味方もなにも猫はしつけができないんだから、ラッキーに覚えてもらうしかありません。
 ラッキーがリビングやキッチンでうろうろしてる時には、おスモーはたいがいソファーの下にかくれています。が、たまに階段の踊り場にいてその階段をラッキーが下りていったりすると、上から密かにパコッと猫パンチをくりだしたりしています。よほど気に入らないのでしょう。
 ラッキーがいない時に、わたしがキッチンにいると抱けといってうるさい。抱くと、いつまでもいつまでもニーディングをしています。もともと娘にしょっちゅうくっついていたのですが、その娘はいなくなるし、ラッキーは来るしで、わたしの後を追い回すようになりました。セーターはけばだつし、よだれでべたべたになるし、大変鬱陶しい。