またまた冷蔵庫

2011年2月5日

 修理して1ヶ月もたってないのにまた冷蔵庫が壊れました。前回とまったく同じ症状で。1年の修理保証を購入した私の勝ちです。って少しもうれしくないぞ。
 シアトルから帰ってみたらなんだか冷蔵庫が冷たくないような気がしたのですが、なにしろ寒いのでそれなりには冷たいので気づかないふりをしていました。現状を認めたくない時のデナイアル反応ってやつですね。が、玄関脇に保管しているソーダより冷蔵庫の中のソーダの方が温度が高いということが判明し無視できなくなりました。玄関が冷蔵庫なみの温度ってどうよってこともありますが、ともかく冷蔵庫が冷えていない。
 また、シアーズのリペアサービス。今回は電話をうけたオペレーターがすっとこどっこい。家電品の修理保証には無料のリノベーション見積もりサービスがついているのですが、それを今回もすすめられました。前回はついています、と言われただけでおしまいだったのですが、今日のオペレーターは品目をたずねました。床かいいか、窓がいいか、屋根か、とか。で、床、というと冷蔵庫の修理のアポイントをいれずにインテリアサービスに電話をまわしやがったのでした。こっちはリペアサービスに電話をかけて、逐一状況も説明したのに。
 いきなりインテリアサービスののんびりしたおばちゃんが出てきて、住所だの名前だの最初っからインフォメーションの聞きなおし。「床なんかどうでもいいから、冷蔵庫の修理のアポイントにまわせっ」ときれる私。インテリアサービスの方には罪はないんですが、これってアメリカのカスタマーサービスの典型。売ることにだけ熱心で素早く既存カスタマーへのサービスはいいかげん。
 で、修理担当に戻って、また最初からインフォメーション入力のやりなおし。今回はたまたまリペアマンがあいていたらしく、電話して1時間できました。前回とまったく同じモーター凍結。リペアマンのいう修理方法は2日間電源をきって完全に冷蔵庫を溶かす。外がぜーんぶ冷凍庫でああ良かったって、また、ものを出し入れするたびに開け閉めしなきゃならないと思うとほんとにうんざり。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中