雪、雪、雪と冷蔵庫

 クリスマスの翌日が記録的な大雪で(ロングアイランドのチャールズの実家からドライブして帰ってくるのが北上してくる猛吹雪と追いかけっこでスリル満点でした)、それが溶けきらないうちに先週の金曜日はまた雪。そしておとといはまたドカ雪。今年はやたら雪が多い。その上、ずうっと気温が低いので(最高気温が摂氏マイナス5度くらい)、全然とけません。
 家のデッキの雪の中でこんもりしてるのはバーベキューグリル。で、家の前の駐車スペースの雪を除雪車がぐぐっと押していくので雪が降るたびに家の前の雪が高くなり、とうとうこんな壁に。窓から外が見えない。穴をほれば、このまま鎌倉になると思う。ガレージがないので車も雪が降るたびに掘り出さなきゃなりません。車の上にたまった雪を払ったあと下の雪をどこかにどけないと動かせない。いやあ、重労働です。
 気温が低いので雪だるま雪合戦もできないようなパウダースノーでスキーに行けばさぞ快適だろうと思われますが、おかげさまで仕事が引き続き忙しいのでスキーには行けない。しかも、この忙しいのに雪関係の雑用はあるし、寒いし、まったく。
 新年早々こわれた冷蔵庫は、修理を頼んだリペアマンがアメリカ名物のノーショウ(何の連絡もなく来ない)で、シアーズに電話したら、「テクニシャンが病気だから」って、電話ぐらいしろ、電話ぐらい。しかも次のアポイントは1週間後までとれないってことで、「ざけんじゃねえよ」と言ったら、それでは保証サービスをオファーしようじゃありませんか、と言います。1年間の保証で修理および500ドルまでのパーツ代をカバーして270ドル。保険のようなものなので、本来なら修理をオーダーしてからは購入できないサービスですが、修理が遅れたかわりに今からで購入できるようにしましょう、というわけです。
 1年前の修理ではモーターを交換して350ドル以上かかっています。今度もまた同じような問題だったらこの方が安い。が、これが開けてみたら実は、簡単に直るものだったら、150ドルくらいですむこともある。保証期間は1年しかないので1年以内にもう1回壊れたらお得ですが、なにもなければかえって高くつく可能性もある。つまり、賭けです。ノーショウのかわりに割引ではなく賭けをオファーしましょうっていうのもずいぶんな話ですが、迷った挙句に購入しました。それにしても、冷蔵庫の修理保証がたかが1年で270ドルって何もなかったら普通は買わないだろう。そもそもが、賭け商品っぽい。それが成り立つくらいアメリカの家電は壊れるってことなんでしょうか。
 さて、1週間後にやっとリペアマンがやってきました。昨年と同じ症状なのでまたモーターが死んだに違いないと思っていたのですが、今度は排水がつまって水が凍ってモーターの羽が動かなくなったのだそうです。冷蔵庫のモーターの回りをお湯でとかしてガンガン氷を割って取り除くという、ものすごくプリミティブな修理。手作業なので時間は結構かかってたけど、部品交換がないから、おそらく賭けは私の負け。が、なぜ排水が詰まったかという原因は解明されず。爆弾をかかえているようなものなので、また壊れたら私の勝ち、になっても嬉しくない、全然。
 ちょうど1年たって保証期間が過ぎた頃にまた壊れるっていうのが一番嬉しくない大負け。でも、これが一番当たりそうな予感。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中