ラインダンス再び

 夏のキャデラックランチ(今年6月の日記参照)に続き、ラインダンスの夕べ第二弾に行ってきました。今回はちょっと事情が違いまして、私が受講したラインダンスのインストラクターが1晩だけ近くの街のバーで催した振りつけ指導付きラインダンスナイトです。誘ってくれたのは、前回同様にエクササイズクラスの友人で、このバーというのがゲイ&レズビアンバー。
 こんな郊外の小さな街にゲイバーがあるというのも驚きですが、なぜゲイバー?
 ダンスといってもラインダンス(カントリーダンス)ですから、インストラクターはカウボーイブーツに太鼓腹で、アート系の世界とは無縁な典型的レッドネックタイプ。夫婦2人で一緒にやってるインストラクターだから絶対ストレートだし。友人の話では、そのゲイバーは夜11時ごろまで閑古鳥なので早い時間を盛り上げるためのイベントとしてやってほしいと頼まれたのだそうです。イベントそのものはゲイ対象ではないから、ぜひ来てね、というメールがみんなに回ってきました。
 で、今回もチャールズと一緒に行ってきました。もう一組の夫婦とストレートの中年女性数人というグループで。ゲイバーといってもショー系のゲイバーではなく出会い系ゲイバーですから場所を見つけるのも一苦労。目抜き通りを離れた街道筋の何にもないところで怪しげな下着ショップの裏にかくれていて、ほぼ全員が一度通り過ぎて携帯で連絡をとりあってやっとたどり着くという始末です。
 ゲイ&レズビアンバーということでしたが、店内は私たちを除くとほぼ全員男。このイベントのために集まった常連客ばかりらしく、ラインダンスに合わせてカウボーイブーツにテンガロンハットの本格的な装いの人も数人。そしてさっそく始まるラインダンス教室。
 みんな結構うまい。ラインダンスはステップは簡単でも、くるくると方向が変わるので初めての人は右往左往するんですが、狭いダンスフロアで誰もぶつからない。一番浮いてたのはチャールズと友人の夫。このストレートのお父さん2人は振りが覚えられずにウロウロしていました。そういえば、前回この2人はペアダンスしか踊っていなくて、パートナー(私たち)に頼りきっていたのでした。
 ゲイのお兄さんの中には明らかにラインダンス経験者でものすごく達者な人もいました。インストラクターが見事な太鼓腹なのに比べてこちらは筋肉むきむきでスタイル抜群。「ブロークバック・マウンテン」っていう映画もあったことだし、カウボーイとかカントリーウェスタンのラインダンスはゲイ好みなのかも。ふと、まわりを見回すとバーの片隅では男同士ががっしり抱き合うハッテン場が展開していて、その反対側ではダンスについていけずにフロアからリタイアしたストレートのお父さんたちがポップコーンをばりばり食べながら談笑しているという不思議な光景。
 ペアダンスになると、男女、男男、女女(こちらはストレート)の組み合わせが入り混じり、一番ぎこちないのが男女、つまり私たち。これはお父さんたちの振り覚えの悪さによるものです。
 こうして、楽しいラインダンス教室は10時過ぎまで続き、さあそろそろ帰りましょう、という頃に入れ違いに女同士(ゲイ)の客も入り出しました。なるほどゲイ&レズビアンバーだったのです。ラインダンスの夕べは毎度楽しい異次元体験をさせてくれます。

ウィリアム王子

 ウィリアム王子婚約だそうで、ひさしぶりに映像で見たウィリアム王子の頭髪が明らかにうすい。将来ハゲ確実。ハゲというのは私にとってはいっこうにマイナスにならないんですが(結構好きといってもいいかも、チャールズも見事なハゲだし)、あのヘアスタイルはまずい。金髪だから目立たないけど、あれはまぎれもないバーコードスタイル。いさぎよくハゲを認めたほうが絶対かっこよくなるのに。
 ちなみに、バーコードというのは数年前にチャールズに教えたら大変受けまして、我が家では「He is barcording」というようにすっかり定着して英語の活用までするようになりました。ウィリアム王子についてもbarcording ということで意見が一致しています。
 ところで、ウィリアム王子を見ると、私はどうしても志村けんを思い出します。似てると思うのは私だけでしょうか

所得税率

 さて、所得税率です。(前の日記からお読みください。)
 今、共和党と民主党の議論の的となっているのが、ブッシュが発効して今年末で期限切れとなる減税法。不景気の折からこの期間限定の減税を延長するという点では一致しているのですが、問題は年収25万ドル以上の高額所得者を減税から外すかどうかという点です。基本的にすべての税金を嫌う共和党は高額所得者を含む減税の全面継続、民主党は国家財政のために高額所得者の減税打ち切りを主張しています。共和党の主張としては、富裕層の減税は消費や雇用につながるということになっているんですが、今一つ説得力に欠けます。ですから、今回の選挙で共和党を支持した人でも、高額所得者の減税打ち切りについては賛同する人が多いと言われています。

 私がアメリカに来た頃、1980年代後半には日本の世間一般では日本はアメリカに比べて所得税が高いということになっていました。が、実際にアメリカの税金を払うようになって、その高さに愕然。日本と比べるとアメリカの税金は高額所得者には安くても低所得者には高かったのです。改めて調べてみると1986年に税法の大改編があって1987年度は、当時なんとかニューヨークで食べていける程度の年収3万ドルで35%、一方で最高税率38.5%なのです。ドナルド・トランプと私の税率がたった3.5%しか違わなかったわけです。
 同じく1987年の日本の累進課税率は年収300万だと20%、その上に8段階あって一番上は5千万以上の60%です。1000万で40%、1500万でだと50%ですから、なるほどその頃は大企業の駐在員なんかだとアメリカの税率のほうがお得だったわけです。
 で、80年代から累進課税の枠も税率も毎年のように変化しながら現在2010年の最高税率は、37万3650ドル以上の35%です。ですから、私は税率は収入に関わらず平等と言うのがアメリカの伝統なのだと思ってきました。
 これは既に何度か書いた事ですが、「無駄に使う金がありあまってるような大金持ちからは90%くらいの高い税金をとるべきだ」と言ったら、元夫に「サクセスをパニッシュするのは正しくない」と反論されたことがあります。大金持ちには程遠い元夫がそういう考え方をすることには驚きましたが、それがアメリカ人の取ったもん勝ちの発想なのであろうと納得もできたのでした。

 が、最近になってアメリカの連邦所得税率の変遷表を目にするチャンスがあって、驚愕しました。なんと、1950年代のアメリカの最高所得税率は90%を超えているじゃありませんか。
 それで、アメリカ連邦所得税率の歴史を調べてみました。(興味のある方はこちらで見られます。
http://www.taxfoundation.org/files/fed_individual_rate_history-20100923.swf
http://www.ntu.org/tax-basics/history-of-federal-individual-1.html

 20世紀初頭から連邦税率は上がったり下がったりしながら、第二次大戦中にぐっと高くなります。そして最も高いのが1950年代の90%台で、その後減少傾向に転じて60年代に70%台となり70年代は70%が続きますが、大幅な減税をしたのがレーガンで、1982年に最高税率は一気に50%まで下がります。レーガン減税では累進課税枠の上3つを廃止しているので、高額所得者ほど減税額が多くなるという仕組みです。
 そして1986年に大改編があり、それまで15以上あった累進枠が5段階に減り、最高税率が38.5%に、88年には累進枠2段階で最高税率は28%まで下がります。累進枠はシングルで年収約1万7850ドル、カップルで約2万9750ドル以上とそれ以下という累進課税ともいえないような状態になっています。
 つまり、私がアメリカに来たのは、そういうレーガンの金持ち優遇税制がどんどん進んでいる時期だったのです。
 その後、1990年に31%の高額累進枠(5万1900ドル以上)が増えて、クリントンになってさらに36%(11万5千ドル以上)と39.6%(25万ドル以上)の高額所得枠2つが加わります。
 そして、2001年が今問題のブッシュ減税。さらに2003年にも減税となり、現在の最高税率35%にいたっています。
 ちなみに現在シングルで年収3万ドルだと税率は25%、35%の最高税率枠は32万6450ドル以上です。年収3万ドルの場合の税率は20年前より低いですが、家賃も健康保険もはるかに値上がりして、今時年収3万ドルではとても食べていけません。

 景気対策はまず減税というのが年収25万ドル以上減税継続派の言い分ですが、皮肉なことにアメリカが一番上り坂で希望に満ちていた1950年代は最高所得税率が90%を超えていたし、絶好調だった60年代70年代だって70%だったのです。80年代以降の減税の歴史はアメリカの凋落の歴史と一致しています。
 最高税率が94%までいった第二次大戦中にルーズベルト大統領は「この国家の非常時には余剰収入はすべて勝利のための戦費として供出されるべきだ。アメリカ市民なら誰しも税引き後の収入が2万5000ドル(現在のインフレ率だと約32万3000ドル)を越えてはならない」と言ったそうです。
http://www.slate.com/id/2245781/
 今もイラクとアフガニスタンでの戦費は国家予算を圧迫し続けていますが、その分を金持ちに負担してもらおうなんて言う政治家は一人もいやしません。戦費は金持ちの税率を引き上げてまかなうというのは、まことに理にかなったやり方だと思うのですが。そういうシステムならイラク戦争もおこらなかったでしょう。

 さて、アメリカの所得税率の歴史が興味深いものだったので、日本の所得税率も調べてみました。そして、また愕然。高額所得者の税金が高い日本はアメリカほど拝金主義でも取ったもん勝ちでもないからまだまし、と事あるごとに思ってきたのに、日本もアメリカと同じ道をたどっていたのです。遅れて。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%80%E5%BE%97%E7%A8%8E#.E6.9C.80.E9.AB.98.E7.A8.8E.E7.8E.87.E3.81.AE.E5.A4.89.E9.81.B7

 たしかに私が日本を離れた1987年には最高税率60%でした。最高枠は年収5000万円以上です。が、89年には最高枠が2000万円以上税率50%となり、今や最高枠は1800万円以上税率40%です。1974年には8000万円以上75%まであったのに。この高額所得者減税の歴史も日本経済の凋落とリンクしてるように見えます。その関係性は逆で不景気だから減税なのかもしれませんが、それによって景気がよくなったとはとても思えません。格差の広がりがさんざん問題にされながら、この所得税率の歴史があまり語られないのはなぜなのでしょう。ともかくも日本にはまだ健康保険はある。日本にはアメリカのようにはなってほしくないと願うばかりです。

…So goes the nation

 大方の予想通り、中間選挙は民主党大敗と。民主党の相変わらずのマーケティング戦略の下手さと、共和党の衆愚コントロールスキルがそのまんま反映された選挙でした。
 ことに大成功したのは共和党のティーパーティのブランディング。ティーパーティは日本でも報道されていますが、「小さな政府、経費縮小、政府介入最小化」を主張する保守派の市民運動です。ティーパーティというのはアメリカ独立時のボストン・ティーパーティからとったもので、既にこのネーミングが秀逸。
 実はこのティーパーティ、アイドルはサラ・ペイリンで、「地球温暖化なんてでっちあげだ。聖書には『地球を活用せよ』と書いてある」とか言ってのけるくらいなトンデモ保守なんですが、ティーパーティというネーミングのおかげで、なんだか市民の権利を守る草の根運動みたいなイメージ作りに成功しました。さすがにニューヨークのメトロポリタンエリアでティーパーティに賛同しているなんて言ったら、十中八九ドン引きされますが、ニューヨーク州だってゲイ批判はするわ、女性ジャーナリストをベイビーよばわりするわのパラディーノがティーパーティに推されて共和党公認の知事候補になったくらいですから(当然負けた)、アメリカの真ん中のあたりではティーパーティはさぞやホットなものだったのだろうと思われます。
 2年前の大統領選では、オバマが勝てばアメリカは大きく方向を変えて明るい方向に進む(と思いたい)という希望がありましたが、結局景気の悪さは相変わらずで、なんだかわかんないけど株価だけが回復してるのに失業率はますます悪化しています。この選挙どっちが勝っても状況はたいして好転しないだろうという閉塞感がいっぱい。そのあたり自民党政権から民主党政権に代わっても先に光が見えてこない日本と似た状態にあります。
 そこに現われたティーパーティというのはまったく都合が良かった。ブッシュからオバマに代わっても生活の不安は増したばかりじゃないか、という不満をうまくとりこんだのです。
 そもそも共和党は金持ちの保守政党、民主党はリベラルな労働者の政党というのが伝統的なイメージで、草の根運動は民主党のおはこだったはずなんです。が、最近の共和党の得意技は、民主党を庶民の気持ちがわからないエリートとして攻撃する戦略です。
 そのあたりは、ブッシュがまさかの再選を果たした2004年の対ケリー大統領選を描いた2006年のドキュメンタリー映画「…So goes the nation」を観るとよくわかります。選挙前はブッシュじゃなければ誰でも勝てると思われた大統領選に、民主党ときたらケリーみたいにブッシュじゃない以外に何の魅力もない候補を選んじゃった上に、展開するキャンペーンはなんだかポイントがわからない最悪のコミュニケーション。対する共和党はネガティブキャンペーン大展開で、ケリーがウィンドサーフィンをしてるところを映したりして東部のお金持ちエリートイメージを植えつけた。ケリーがフランス語に堪能だってことまでマイナスイメージ(アメリカン・カウボーイはフランスが嫌い、教養主義が大嫌い)。その一方で、ブッシュがテキサスのファームでチェーンソーをふるってるところを流す。「僕はふだんは、このファームでこんな風に過ごしているんだよ」って見え透いた嘘をしゃあしゃあと。実はブッシュだって東部出身エール卒(実力で入ったと思う人は誰もいないが)で実家はケリーよりずっとお金持ちで(なにしろパパは大統領なんだから)、テキサスのファームは大統領選挙に出る直前に購入したってことも隠しようのない事実ですが、そんなことはおかまいなし。それが見事に功を奏したわけです。
 今回の選挙でも民主党のマーケティングの下手さは相変わらず。例えばオバマ政権になってから実は所得税は下がっているんですが、誰もそれに気付いていない。収入が上がらない、場合によっては失業によって収入がなくなっているのに、ちょっとやそっと税率が下がったって焼け石に水で、黙っていたら誰も気付くわけがありません。で、ぼそっとインタビューの片隅で「誰も気付いてないけど、税率は下がってるんですよ」と言ったりしている。もっと効果的に宣伝しろよっ!
 で、今年末に期限切れとなるブッシュ政権が発効した減税の延長から年収25万ドル以上の層を外すというだけで、それに反対する共和党は「増税」と大騒ぎ。年収25万ドル以上なんてアメリカ人の数パーセントしかいませんが、それにのせられるヤツはいっぱいいるわけです。税率については、日本の税率も含め最近気付いたことがいろいろあるんですが、長くなるので別項で。
 さて、今回の選挙で共和党が下院で逆転過半数を占め、私の一番の関心事である健康保険制度の改善はますます遠くなりました(アメリカの健康保険のひどさは過去のブログにさんざん書いてきたとおりです)。私は特に民主党支持者というわけではありませんが、この一点だけでも共和党を支持することはできません。民主党のナンシー・ペロシに代わって議長となったジョン・ベイナーが今朝のニューヨークタイムズのインタビューに答えているのを読んでのけぞりました。
「I believe that the health care bill that was enacted be the current Congress will kill jobs in America, ruin the best health care system in the world and bankrupt our country.」
 乳児の死亡率が先進国中一番高くて、4人家族の保険の掛け金が収入に関わらず月々1500ドルを超え、保険が買えない無保険者が国民の15%を軽く超え、保険があってすら医療費で破産する人や、医療費が高いから症状を我慢して悪化させる人(私だ)が普通にゴロゴロいるアメリカのヘルスケアシステムのどこが世界一なんだよっ!
 こいつは本当にアメリカの医療システムが世界一だと信じているほどバカなのだろうか。それともあくまでも「アメリカ・イズ・ナンバー1」を主張して無知な国民をあざむく悪者なんだろうか。どっちにしてもろくなことがないにちがいなく、暗澹とした気分になります。

娘の誕生日

 

今週は娘の誕生日でした。来年からは大学でどこにいるかわからないし、今後一緒に暮らすことはおそらくもうないので、娘が手元にいる最後の誕生日、というわけで親としては、それなりに感慨無量であったのですが、本人の希望により何もしませんでした。本人はお友達数人と食事に行って、そのままお友達の家に泊まりに行ってしまいました。
 自分の過去を考えても、高校生になって誕生日に親とバースデーケーキを囲むなんてあり得なかったので、まあ当然といえば当然です。が、娘のバースデーケーキを作らなかったのは今年が初めてかもしれません。そもそも甘いものをあまり好まない子どもですが、誕生日は学校でも、ケーキを作ってきてくれたりする友達がいるので、それに対応するだけで精一杯なんだそうです。これもよくわかる。
 というわけで、写真は娘のバースデーケーキではなく、バースデーの2日前に、残っていたバタークリームを使い切るために作ったレインボーケーキです。色も甘味もアメリカンですが、バターの味がして(ケーキもバターたっぷり)薄く切って食べるとなかなか美味しい(と思う)。
 このケーキも娘は薄く一切れ食べただけですが、チャールズ息子はガッツリ二切れ、チャールズ娘は普通に一切れ、チャールズも二切れ。翌日はさすがに飽きたらしくて、子どもら3人は「いらない」と言ったのですが、チャールズは「お前たち、どこか具合が悪いんじゃないのか」と言いつつ、大きな一切れにバニラアイスクリームをごってり添えて食べていました。

ホームカミングとグリーンサルサ

 9月に新学期が始まると、すぐにホームカミングゲームがあります。これはアメリカの大学やハイスクールの一大イベントです。平たく言えばフットボールの試合なんですが、この日に限っては、全校生徒が参加するイベントが同時に行われるお祭り騒ぎとなります。日本の学校の文化祭に近い。
 娘が先週、誕生日どころじゃなかったのは、土曜日にホームカミングがあったためでもあります。学年対抗のパレード用の張りぼて作り作業が新学期とともに始まり、最後の追い込みでは泊り込み、早朝および深夜作業で、毎日ペイントだらけになって帰ってきました(相変わらず送り迎えは私なわけですが)。
 学年対抗パレードはそれぞれテーマがあって、今年は映画がテーマでシニア(12年生)は「ハリー・ポッター」。他の学年は「シュレック」や「トイストーリー」とかでした。作り物はパレードでかついで歩く張りぼてのセット(かなりでかい)と、校内にディスプレーする壁画です。パレードは張りぼてをかついで歩く係と登場人物の扮装をする係がいます。
 このパレードと壁画がコンテストの審査対象で、優勝した学年には賞金が出るそうです。これまでも毎年やっていましたが、娘は今年はシニア。最高学年としての威信がかかっているので、去年までとは比べ物にならないくらい力が入っていました。
 というわけで、この2週間、バイトも休み、学業も大学申し込み関係もそっちのけで張りぼて作りにいそしんでいたわけです。見ていて、高校、大学での文化祭の準備期間を思い出しました。私はあのせわしない興奮がとっても好きでした。

 写真は娘がホームカミングの準備のおやつにチップスとともに持っていったグリーンサルサ。グリーンマーケットで見つけたトマティロで初めて作ってみました。トマティロというのはほうずきみたいな皮をかぶったグリーントマトのようなもので、大きさはゴルフボールくらい。ほうずきの皮みたいなのをむくとちょっとベタベタしているのですが、見た目はまるで青いトマト。切ると、中はトマトというよりリンゴやナシみたいなサクっとした感じでリンゴに似た香りがします。トマトの香りはあまりしませんが、すっぱさはトマトっぽい。ハラペーニョ、オニオン、コリアンダー、塩と一緒にフードプロセッサーにかけるとサルサができます。チップスにつけても焼き魚に添えても美味しいです。