車とカップケーキ

 
 今度はカップケーキです。バタークリームのバラの搾り出しにはまりました。相変わらず仕事が暇なのでお菓子作りにかまけています。根が凝り性なので、こういう手先の仕事にはまると止まらなくなります。
 昭和30年代はデコレーションケーキというとバタークリームにバラがしぼりだしてあったのが定番で、私はあれが嫌いでした。40年代頃から日本のケーキはすっかり生クリームにとって代わられたので、その味の記憶もあやふやですが、なんだか油っぽくて妙にしょっぱかった覚えがあります。たぶん、塩分の入ったバターとかマーガリンやショートニングを使っていたのだろうと思います。
 アメリカに来て自分でバタークリームを作るようになって、バタークリームの美味しさに開眼しました。真面目に作れば美味しいんです。今時は日本でもきっと美味しいバタークリームケーキを作ってるところはいくらでもあるんだろうけど。で、バタークリームの楽しさは生クリームではできないデコレーションができること。
 アメリカのスイーツ業界は「お菓子は見た目だ」というのが基本コンセプトですから、それはおしゃれなデザインのカップケーキがいろいろあります。バタークリームを搾り出したバラが一輪、というシックなデザインのカップケーキを真似してみようとしたのですが、一輪で形になるほどうまくバラが搾れませんでした。で、ボロ隠しをしてるうちに写真のようなベルサイユ系盛り込みになってしまいました。
 バラの搾りかたは英語版グーグルで検索すると動画がたくさん出てきます。それを見るとすごく簡単そうなんですが、見るとやるとは大違い。不器用なアメリカ人にできるんだから、なんとかなるだろうと思ったのですが、アメリカ人だって器用な人は恐ろしく器用なのです。当たり前だけど。
 バタークリーム搾り出には当分はまりそうです。
 まったく関係ありませんが、車がアイドリングするときに妙な音がするようになりディーラーにもっていきました。音の問題じたいはたいしたことなかったんですが、いつものようにあれをなおせ、これをなおせというのが出てきて700ドル!別のメーカーの車に乗ってるチャールズもディーラーに行くたびに同じ目にあってるから、別に私がだまされているわけではないと思う。が、全然納得がいかない。いかないけど言われればなおさないわけにはいかない。これって歯医者と一緒だなあ。
 カーメカニックのお友達がほしい、とつくづく思います。
 
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中