DC

6/25/2008
  仕事でDCに来ています。それにしても勝手のわからない街というのは不便です。マンハッタンなら1ブロックごとくらいにあるデリがまったくない。朝ごはんのテイクアウトができるようなところもホテルのまわりにはぜんぜんない。到着したのが夜の9時すぎということもあって、夜はあきれるほどまずくて高いホテルのルームサービスのチキンウィング(最も安かった)。で、翌朝はホテルのグリルのテイクアウト。「グラブ・アンド・ゴー」とか言ってるくせにえらくとろい上、メニューのチョイスはマフィンかブレックファストサンドイッチ(ベーコンとスクランブルエッグとチーズ)のみ。これがまあ、どうすりゃこんなにまずく作れるのかと思う代物。しかも小さいくせに4ドル。その極小サイズでさえ半分は捨てたほどまずかった。
  仕事先のビルの1階にはサンドイッチ屋があって、そこのパニーニはそこそこ食べられますが、アメリカでリーズナブルな外食やテイクアウトとなると毎食サンドイッチになります。これも続くとつらい。
  ニューヨークはその点例外ですが、マンハッタンのどこにいってもそこそこ日常的な食が整っているのは、きっとどのエリアにも住人がいるからだと思いつきました。DCのホテルが集中してるエリアはオフィスビルとミュージアムばっかりです。人の住んでない街というのはろくなもんじゃありません。こぎれいではあるんですけどね。まあ、この街だって人の住んでるところは捨てたもんじゃないのでしょうが、旅行者にはわからない。
  ちょっと足を伸ばせばニューヨークほどじゃないけど、チャイナタウンがあるよ、といわれて、今日は夕食のテイクアウトの買出し。表からチャーシューやトリの丸焼きがぶらさがってるのが見える小さな店でチキンヌードルスープをオーダーして待っていると、頼みもしないのによく冷えた水ボトルを手渡されました。水なんか頼んでないよ、と言おうとしたら「フリードリンクくらいで驚いちゃいけないよ、ここはチャイナタウンなんだから」だって。いけてるぜ、オヤジ。味の方はどうってことありませんでしたが、とにかくサンドイッチ以外で、まともな味のものを安価で食べられました。チャイナタウンはえらい。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中