冷蔵庫の続き

12/22/2009
 昨日の夕方にインターネットで申し込んだ修理。今日の午前8時~正午のセットアップで、どうせ昼ごろになっても現われないんだろうなあ、と思っていたら、8時に電話があって9時に到着。シアーズの修理サービス、なかなか優秀です。もっとも時間通りに到着しただけで感動するっていうことがかなりアメリカン。
 でっぷりした昔ながらの修理屋さんという感じのおじさんで「壊れた冷蔵庫ってなおせるもんなの?」ときくと「何だってなおせばなおる」と言われました。そりゃそうです。要は費用の問題です。
 「まだそんなに古いわけじゃないのに」と言うと、「昔と違って今は買ったばっかりの冷蔵庫だって壊れるときには壊れる」そうです。
 冷気を送るファンのモーターが壊れてるということで、「もともとGEが使ってるこのモーターはよくないんだ。」って、おいGE、もうGMと同じ道だな。モーターをとりかえて1時間もかからずに修理終了。とりあえず、クリスマスと新年に冷蔵庫なしという事態は避けられました。
 が、修理のお値段はパーツ込みで310ドル。300ドルあったら何ができただろう、日本の温泉宿の上等なところに1泊できるなあ、とかつい考えてしまい、むなしい。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中