アメリカでオリンピック

3/1/2010
ああ、もう今年も6分の1が終わってしまう。なんて速さだ。
オリンピックも終わりですが、アメリカでオリンピックのテレビ放映を観るのはフラストレーションがたまります。だいたい日本に比べてオリンピックには関心が薄い国で、放映時間が短い。私もスポーツには興味はありませんが、限られたものだけは観たい。フィギュアスケートのエキジビジョンがその代表格です。
が、フィギュアスケートの試合そのものは結構まとめて中継するのにエキジビジョンはほんの一部しか放映しない。しかも、細切れ。イサチェクが出たと思ったら、いきなり大回転(かなんかスキー)で30分、突然ユナ・キムが出たと思ったら、場面は一転ボブスレーへ。やたらコマーシャルが入るのは仕方ないとしても、ここまで視聴者のコンビニエンスを無視した放映をすることもなかろう、NBC。どうぜ大半は録画なんだからさあ。
ボブスレーを観たい人とフィギアスケートのガラを観たい人が重なるわけがないことを見込んでのあからさまな画面前しばりつけ作戦。不愉快。しかも浅田真央や高橋大輔はスルー。
まあ、おかげで観るはめになったボブスレー男子4人乗りはそれなりに面白かったけど。ぴちぴちのスパイダーマンみたいなコスチュームに脛はむき出し。結構太鼓腹のおっさんとかもいて、ウォーッとかいいながらソリを押してシュタシュタっともぐりこむ。なんか愛嬌があって観るたびに笑っちゃいます。ボブスレーなんかは逆に日本ではあまり放映されない種目なんだと思いますが。
あとから、NBCのウエブサイトで観た浅田真央のエキジビジョンは、エキジビジョンすべての中で一番よかった。(なぜ放映しないっNBC!)。ユナ・キム女王様の金メダルは誰がみてもぶっちぎりでしょうが、パフォーマーとしての不思議な魅力は浅田真央のほうがあると思う。あまりにもとっぴなんでこれまで誰にも言わなかったのだけど、最初に見た時から顔と雰囲気がどこか若い頃の玉三郎に似てると思っていました。この際、化粧の天才と言われる玉三郎に化粧をならってはいかがか、と思う。化粧がうまくなったら、もっときれいになると思うぞ。
それにしても、日本のフィギュアスケートの衣装はどうして揃いも揃って垢抜けないんでしょうか。同じアジア人のユナ・キムと比べるとよけい切なくなります。どれもこれもごてごてしすぎ。特にものすごいのは安藤美姫。コスプレじゃないんだからさあ。ショートプログラムのでっかい十字架なんてもう度肝を抜かれました。だいたいオリンピックの衣装に特定の宗教のシンボルを使うなんて、ファッション以前の問題だと思う。高橋大輔もやたらフリフリしてるし、エキジビジョンはまるでヤンキーの特攻服。
浅田真央の衣装はそれなりに似合ってはいるけど、どれもこれも基本スタイルが一緒。絶対に腕と肩と首は出さないっていうポリシーでもあるんだろうか。
選手の衣装デザイナーっていうのは、いったい誰が選んでるんでしょうね。なんかここにも妙なポリティックがあるんじゃないか、と思いたくなるくらいのだささ。あれですごく損してると思う。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中