重い。 

8/28/2007
 今年も恒例のお月見の夕べの琴コンサート。ずっともはや秋かというほど涼しかったのに突然蒸し暑くなりまして、夜になっても気温が下がらず、湿気もすごい。演奏用ステージは日本庭園の池に向けて設置されているので(観客は池越しに見るわけです)楽譜がしっとりしてくるほどの湿気。さらに楽譜を照らすライトに向かって群れになってやってくる虫。息すると虫を吸い込みそうなほどで参りました。
 暑い暑いといいながら翌日土曜日はパリサイドモールのイベントでお琴。この日もすごく暑かった。薄物とはいっても着物は暑くて、脱いだら帯揚げまで汗でじっとりするほど。
 演奏そのものはとっても楽しかったのですが、2日続くと琴運びがこたえます。とくに今回は2日とも17弦(ベース琴)とお琴と両方あったので、会場の中を移動するだけでしみじみ重かった。
 いったいどれくらい重いのか、重さを量ってみました。で、私のお琴は6キロ。180センチもあるわりには軽いです。17弦は14キロ。これも思ったほど重くない。でも問題は長さにあります。確実に2メートル以上あるのですごく持ちにくいのです。この形状ゆえにコントラバスみたいにローラーをつけて曳いていくことができません(安定も悪いし、ドアを通れない)。17弦はおそらく西洋楽器もふくめて持ち歩く楽器としては重さ持ちにくさナンバー1じゃないかと思う。せいぜいきばってウエイトトレーニングをしないと、そのうちに扱えなくなってしまう。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中