1/26/2007
うちにはボーとスモーキーという2匹の猫がいます。このうち茶トラのおボーは子猫のときから毎日日課のようにゲロを吐く。それでも食欲旺盛で元気だし、餌を抗アレルギーの高いのにしても一向にかわらなかったので、もう4歳になった今ではそういう体質としてあきらめています。だから、うちではカーペットやカウチの色選びは猫ゲロフレンドリーな色と決まっています。駄猫のくせにロシアンブルーそっくりなおスモーは吐かない。が、おボーが吐いた餌を食べる。ちなみに猫が吐くのは嘔吐と吐出という2種類があって、食べてすぐそのまま出てくるのは吐出で嘔吐とは違うのだそうです。おボーのは吐出です。おスモーのゲロ食いを目撃した人は大抵最初はびびりますが、動物には親が吐き戻した餌を子供に与えるケースもあるので、これもわが家では、セルフクリーニングシステムとして見ないふりをすることにしています。
で、ここまでは実は本題とはまったく無関係。吐かないはずのおスモーが吐いた。おボーの習慣性ゲロと違っておスモーはえらく苦しそうに吐いた。遊んでいるうちに何かを喉につまらせたような気配です。でも、窒息した様子もないので、ああ、よかったと思っていたら、数時間してまた吐いた。今度は食べ物ではなく胃液風でなぜかウンコくさい。そして夜になってまた吐いた。猫ゲロは慣れっこですが、食べ物でなくウンコくさい胃液というのが心配になり、ネットで検索すると、「誤飲による腸閉塞」とかいう恐ろしげな病名が。治療方法は外科手術だそうで、健康診断と予防接種だけで200ドルも取る獣医で手術なんてしたらいくらかかるか、考えただけでクラクラしました。
が、おスモーは格別変わった様子もなく、寝ている。そう、猫は大抵寝ているわけですから、元気がないとかあるとかどうやって判断するんだ?明日になったら獣医さんに電話してみようと、思っていたら夜中になって餌を食べ出し、翌朝はすっかりいつもどおりの食欲。猫じゃらしを出してみたら普通に飛びついたので、治ったことにしました。
何かが詰まっていたのが何かの拍子に治ったのか、拾い食いによる食中毒だったのかは不明ですが、とにかく治った。
おボーはゲロっ吐きですが、どんくさいので危ないことはしません。が、おスモーはこれまでも、壁の隙間に落ちたり、乾燥機に閉じ込められたり、事故死寸前の前科がたくさんあります。curiosity kills cats.といいますが、curiosity costs a lot. になるのもすごく嫌。
 
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中