疲れた

8月9日
 日本から戻って1週間。時差ボケの揺り返しです。時差ボケは歳をとるにしたがって調整に時間がかかるようになりますが、ここ数年、1週間目くらいに時差ボケの揺り返しが必ず来ます。特にこっちに戻ってきた時がひどい。帰りついた当初は家の雑用も仕事も山積み状態なので勢いでガーッ治った気になるのですが、ちょっと落ち着いた頃に昼間に猛烈に眠くなります。外に出てるときはいいんですが、パソコンの前に座って仕事をしてる時は眠くなったら機能しません。昨日がそれで1日寝たり起きたりしながら仕事をしてました。
 
 私は家に着いた瞬間から日常の家事や仕事に戻るわけですが、娘はまだまだ長ーい夏休みの中盤です。毎日、友達の家をわたり歩いています。仲良しの友達何人かが集まってお泊りするらしいのですが、娘はその中に居続けを決め込んでいます。誰かのお母さんが迎えに来るとそれに便乗して、次はその子の家に泊まるというボヘミアン状態。一緒に行動しているお友達の顔ぶれは変わっているのでしょうが、家の娘だけはいつもいる、ということらしい。「今夜は、○○の家に泊まるから」と電話が来るまで、どこの家に泊まるのかわからない。東京と違って、子供たちは親の車に乗らない限りどこにも行けないので、否が応でも大人の監督下にあるという点では安心ですが。
 
 猫2匹は、私たちの留守中も元気で、相変わらず何事もなかったような顔をしていますが、久しぶりに毛すきをしていて、おボーが毛玉だらけなのを発見。おスモー(グレイの方)はいつも艶のあるベルベットのような毛並みなのにおボーは前から毛艶が悪い。最近、ことにボコボコしてるなあ、とは思ってたのですが、まさか短毛種の猫に毛玉ができるとは。長毛種ならともかく、そもそも駄猫は自分でする毛づくろいで十分なはずじゃないのか。おボーは猫のくせにろくに毛づくろいをしません。おスモーがおボーの毛づくろいをしてやってるのはよく見ますが、反対は見たことがない。そのせいかおボーに触ると、おスモーの10倍くらい毛がつくのですが、ここまで怠け者だったとは。毛玉とりをしようとすると暴れるので、娘が戻ってきてから2人がかりでやらねば。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中