かばいち

7月30日
 
 東京最後の週末は、劇団河馬壱の公演。学生時代の芝居仲間が始めた劇団で、私が参加していたのは最初の数年間だけですが、小規模ながら、もう四半世紀以上も続いています。河馬壱の公演は、毎年夏の里帰り一番の楽しみで、今年は金曜日の初日は受付雑用の助っ人に行き、楽は例年通り打ち上げまでフルに楽しませていただきました。
 年々、学生時代の仲間の同窓会的な楽しさが増してきているということもありますが、芝居そのものが私にはとっても面白い。これからのライブパフォーマンスは、ローカル性こそが命であると思っているのですが、その意味で河馬壱は私にとってローカル度を極めた劇団です。世間一般に広くどなたにもお勧めします、というものではありませんが、感性のローカルの位置が近い方はかなり楽しめます。出演者を個人的にご存知ならさらに楽しめるという今様の地芝居です。
 
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中