お友達

わたしの住んでいるコンドは、一応猫の放し飼い禁止になってますが、ウロウロしてる猫はけっこういます。わが家の猫は動物愛護団体の人からもらってくる時に外出禁止猫にすることが条件でした。人にやった猫の生活など管理できるわけではありませんが、その動物愛護グループは「外をうろつくのは猫が病気になるもとだから猫のためにならない」という方針だったようです。ですから、うちの猫たちは生まれたときから外出したことがありません。
私は外を自由にうろついてこそ猫の生き方、それで事故や病気で早死にしたとしても、そのほうが幸せなんじゃないか、と思っています。が、猫のドアマンになるのがめんどくさい、とかノミだの病気だの持ち込まれてはいやとか、長期に留守にするとき困るとか、猫のためよりも私の都合により、うちの猫たちは純粋箱入り猫となっています。だから、自由にうろついている猫を見かけると、うちの猫がちょっと可愛そうになります。
このところ、うちのデッキまで遊びに来る外猫がいます。おスモーとおボーと網戸ごしに見つめあってます。鼻面がつきそうなほど近づいても、2匹ともフーともシャーとも言わないし、シッポもふくらまないので、これはメスに違いないと思っていました(うちの猫は2匹とも去勢オス)。遊びに来るたびに、見つめあう猫たちをほほえましく思っていたわけです。で、何度も遊びにきて、うちのデッキは自分のテリトリーと心得たらしく、すっかりくつろいで毛づくろいなどはじめ、ひっくり返ったところをみたら、オスでした。うちの猫たちには縄張りの意識がないんだろうか。それとも網戸一枚が結界になってると、猫というのはこんなもんなんでしょうか。
グレーの猫がうちのおスモー、茶トラとシロの猫は色はちょっとうちのおボーに似てますが、遊びにきた外猫です。
もう1枚の写真は、最近わたしと娘が凝っているブラックベリー。ニューヨークと隣のニュージャージーがブラックベリーの全米一の産地なんだそうです。短い時期しか出回りませんが、すごく美味しい。ベリー類の王様だと思います。頭は、猫のくせに野菜を食べるおスモー。チェックしてましたが、さすがにフルーツは食べません(すっぱいからだと思う)。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中