関西弁とアメリカ弁

5/31/2007 関西弁とアメリカ弁
メモリアルウィークエンドが過ぎてアメリカは正式に夏です。メモリアルデーだのレイバーデーだの主要ホリデーには、シティに住む日本人の友達がいつも泊りがけで遊びにに来てくれます。今年も例年通り、気の置けない友人とのんびりと連休を過ごしました。
ところで、話は変わりますが、うちでは夕食後によくミルクティを飲みます。娘が好きなのでなんとなくそうなったのですが、娘が「ミルクティ」というと、どういうわけか関西弁のアクセントになります。アメリカにはMilk teaという言葉はないので(ミルクティはtea with milk。milk teaでは多分通じないと思う。試したことはないけど)、娘はこれを純然たる日本語として発しているわけです。わたしは東京出身だし、関西弁を話す日本人が身近にいたわけではありません。私の気のせいかと思ってもいたんですが、ウィークエンドに遊びに来ていた関西出身の友人が娘の発音するミルクティを聞いて同じことを言ったのでどうやら間違いないようです。
この友達は私と話すときに関西弁を使うことはありませんが、本人は東京弁のつもりで話していてもちょっと違うのがミルクティとかタクシー。セクシーもそうだな。かつては、よくそれで、この友達をからかっていたものでした。アクセントの位置が違うというほどでもない微妙なものなんですが。
で、面白いので、娘にタクシーとセクシーを日本語で(日本風の発音で)言わせてみました。そうしたら、なんとこれもその友人が言うのとそっくりな微妙な関西弁。不思議。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中