快適

5/21/2007 快適
さて、ピッツバーグですが、飛行機乗るにも何するにも人に任せて安心してられるって何て快適と、思いました。同行者にはアメリカ人がいて師匠もいたので立場上、私はほんとにお気楽。いつも空港では娘を怒鳴り散らしながら、出入国にかかる時間だの搭乗時間だのゲートの場所だの考えてなきゃならないわけですが、今回は場所も時間もいつも他の人が把握してくれている。他の人の後を安心してついていけるっていうのは久々に味わう気楽さ。で、お気楽すぎてセキュリティチェックの前に手荷物の中のウォーターボトルを捨てるのを忘れました。こういうのでひっかかると、本当に細々と荷物すべてをチェックされることになります。今回初めてわかりました。小さなパッケージまですべて中身確認です。楽譜や本だってすべてのページを確認。琴爪はえらく怪訝な顔で見られました。角があるから危険に見えるのかなあ。
で、コンサートが終わってホテルへ。主催者のオーガニゼーションが用意してくれたホテルの部屋がとんでもなく豪華。おそらく売れ残った部屋からアップグレードみたいなコーポレートディールがあるのでしょうが、キングベッドのあるスイート並みに広い角部屋が各自1部屋ずつ。が、残念なことに着いたのが夜の11時で翌朝の出発が朝の4時半というとんでもない時間だったので、滞在時間わずか5時間強。それでも自分のお金で泊まることは絶対にないような部屋だと思うと、もったいなくて寝る間を惜しんであれこれ使う。
散らかしたって片付けるのは自分じゃないし、タオルだって何枚使ったって洗濯しなくていいし。バスローブだってわずか3分着ただけで、その辺に放り出しておいてもいいし。思いっきり散らかしてみる。バスアメニティはもちろんお持ち帰り。我ながら貧乏くさいなあ、と思います。でもやる。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中