浦島

友人のブログを読んでいたら「恵方巻」というのが出てきました。文脈から、なにそれ?どこかの郷土菓子?と思ったのですが、どうも誰でも知っているものとして書かれています。で、別の友人のブログでも恵方巻を食べたとある。一体それは何?
とりあえずグーグルで検索してみると日本では88%の認知率のある節分の食べ物とあるじゃないですか。88%って子供から相当なお年寄りまで大多数が知ってるってことですね。
なぜ、なぜ、私は今まで聞いたことがなかったんだあ?と思いつつ読み進んで納得。セブンイレブンが全国展開しだしてブレークしたのが1988年だそうです。私がアメリカに来たのが1987年の秋。アメリカ生活もかれこれ20年になりますが、私は人があきれるほどよく帰国している上(年に2回以上)、事上、日本の流行ものやマーケットもかなり把握しているつもりでいました。が、こういうこともあるんですね。かれこれ20年、節分時期に日本にいたことはまったくないのです。正月と桜の季節にはさまれた時期は、特別な仕事でもなければ、わざわざ日本に帰国する人は少ない季節ですから。正確に言えば、日本で10ヶ月ほど働いていたときに節分を経験していますが、その時は朝8時から終電までびっちりお仕事という最悪の労働環境で働いていたので東京にいながらアメリカに住んでいるとき以上に周囲で起こっていることには疎かった。その後またアメリカに来てからは、恵方巻きはすでに日本市場で定着していたために特別目に触れるチャンスがなかったということなのでしょう、きっと。
久々の浦島体験でした。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中