ヘタレ

今朝のニューヨークタイムズにイタリアの元首相の奥さんが公の場でよその女に色目を使った夫に「公の場で謝れ」と新聞に公開レターを出したという記事があって笑ってしまいました。この元首相は、現職時代にイタリアにビジネスを誘致するのに「イタリアにはきれいなビジネスウーマンがいるだけじゃなくて、きれいなセクレタリーもいるんだよ」と言ったことがあるそうで、アメリカの政治家だったら想像しただけで卒倒しそうな話です。奥さんの公開レターに対して、この元首相は「あれは口だけ。真実の伴侶はお前しかいない」みたいな日本人が聞いたら歯の浮くようなお返事公開レターを返したそうです。私はヨーロッパのことは皆目わかりませんが、こういう話を聞くと、つくづくヨーロッパとアメリカは別モンだと思います。アメリカ人がアジア人をひとくくりにするように、同じような顔した白人だから、ついつい欧米人としてくくりたくなりますが。
もっともポリティカリーコレクトの本家アメリカも、お笑いぶりでは負けません。ゲイ差別発言で突き上げられた俳優イザイア・ワシントンが、2週間のリハビリ入りを終えて出てきて、これでもう「He loves gay now」と、あちこちでネタにされています。未成年飲酒および数々のご乱行でミス・アメリカのタイトルを剥奪されかけてリハビリ入りを条件にトランプに首をつなげてもらったタラ・コナーも今週、リハビリ先から出所して「私はアル中でした」発言。たかが数週間のリハビリで差別意識や依存症や素行不良が治るわけないだろう、という突っ込みはもちろんあっちこっちから湧いていますが、ポリティカリーコレクトネスの受け皿としてリハビリが存在してるので、一応、みそぎは済んだってことになるようです。
日本じゃ、厚相の「機械」発言で大騒ぎのようで、相変わらずですね。「機械」と言おうが「ご生母様」と言おうが、そもそもあの世代の政治家が女を見下しているであろうことはわかりきったことで今更誰も驚きはしません。が、何よりうんざりするのはその無策ぶり。「出産可能年齢の女の行動に解決の鍵がある」という恐ろしく洞察力の欠落した考えで少子化対策なんぞやられたのでは、税金の無駄使いです。聖母マリアじゃないんだからね、子供は1人じゃ生めないんだよ。日本の夫婦当たりの出生平均数というのは出生率が下がる前から変わっていなくて(むしろ微増すらしている)、出生率の低下原因は即ち婚姻率の低下に他ならないというのはもう常識(このあたりの分析は小倉千加子の「結婚の条件」が秀逸。すごく面白いのでお奨めです)。ってことは、ポイントは結婚だ。女が結婚したがらないといわれる昨今、重要なのはむしろヘタレ男対策だろう。政府が公開している出生率のデータを見たら、実はそれ以外にも戦後劇的に下がっている数字がありました。「嫡出でない子」の出生率です。もちろん、それは甲斐性のある男なら妾の1人や2人当たり前という悪しき風習ゆえなわけで、妾を認めて出生率回復を、なんて「父権を復活させて教育問題の解決を」とか「国歌で愛国心を育てて道徳心の向上を」というのと同じくらいヘタレな対策を立ててもらっちゃ困ります。でも出生率を回復させたフランスや北欧で婚外子が増えていることを考えれば、婚外子を産みやすく育てやすい法的環境を整えることはもっと優先順位を上げるべき仕事のはず。結婚はしなくてもいいけど子供は生みたいなんて女はたくさんいるんだからね。
でもまあ、こういう風に「女性を傷つける発言」なんて理由で突き上げられちゃ、言った本人も首相も「ちっ、しまったよ。また、やられちまったよ。だから言い方には気をつけろって言ったのにさあ」としか思ってないに違いない。突き上げる方にしたって「やった、チャンスだ」と思ってるのが見え見えだからヘタレぶりじゃあどっこいかも。以前、アメリカの日本企業で働いている現地採用女性の覆面座談会をしたときに聞いた話ですが、社内で配布されているセクハラ防止のための注意書きに「アメリカ人女性には以下のことをしてはいけない」と書いてあったそうです。10年以上も前の話ですが、ノリは全然変わってませんね。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中