スペリング・ビー

1月から3月初旬まではニューヨーク観光客が一番少ない時期。平日の午前中に美術館の常設展に行くと広い展示室で名画独り占めの贅沢が味わえます。ブロードウエイもこの時期はさまざまな割引キャンペーンをやっていまして、この4割引クーポンを使って娘がかねがね観たいと言っていたミュージカルのチケットを購入しました。その第一弾が「The 25th Annual Putnam County Spelling Bee(25周年プツナム郡スペリング・コンテスト)」。3年前にオフから上がってきたときから気になっていたものだったので、このチャンスにということで。
一言でいえば、コーラスラインのコメディバージョン。スペクタクル系のミュージカルではなく、小劇場系の観客と近い芝居です。スペリング・ビーというのは歴史ある子供のスペリングコンテストで、全国大会決勝ともなれば大人だって聞いたことのない単語ばかりが出題されます。当然、スペリング・ビーに出場するタイプの子供のステレオタイプはnerd(ガリ勉の変なヤツ)ということになっていますが、最近はドキュメンタリー、フィクションともにスペリング・ビーの子供たちをテーマにした映画ができたりして脚光を浴びています。ナードといえばクールの対極ですが、本当は捨てたもんじゃないんだぞ、というわけです。4,5年前にドキュメンタリー映画で観たスペリングビー全国大会ファイナリストの勉強ぶりはすごかった。お姉ちゃんもチャンピオンだったという中学生の男の子には英語はもとより、ラテン語、フランス語、ギリシャ語の家庭教師がついていました。語源を勉強するためです。どれだけ辞書を愛読しようと決勝ともなれば知らない単語が必ず出てくるので、その語源からスペルを推測する技術は必須なのだそうです。親の入れ込みようもすごいですが、本人がお勉強大好きでなければ絶対にできません。私には想像もできないような子供が世の中にはいるんです。
で、ミュージカルのスペリング・ビーですが、出場する子供たち(演じているのは大人の役者)のそれぞれのナードぶりと、その背景にある家庭の事情が展開されるというのがストーリーです。ナッツアレルギーで喘息持ちの肥満児、ゲイカップルの2人のお父さんに育てられた娘、何でも1番という期待に応えるのに疲れきった韓国人の優等生、全員が優秀かつアグレッシブなユダヤ人家庭で親兄弟にドンくさいヤツと言われ続けている男の子、という具合にナードのステレオタイプ見本市みたいなものです。スペリングコンテストに出題される単語をめぐって臨機応変に飛び出すジョークも結構面白くできています。
こういう小劇場タイプの芝居というのは私の好みなので、それなりに楽しめました。ただこれを100ドルの定価を出して満足かといわれるとちょっと。4割引きの60ドルなら納得。そもそもオフとしてチマチマと長くやっていくべき演し物です。それにしても、ブロードウエイの役者の幅広さというのは感心します。年齢体型、人種、あらゆるバリエーションで歌も踊りも演技も、まず完璧な役者が幾重にも揃っている。人を感動させるだけの芸があるかどうかは別として、技術的に今一つなんていうのは在り得ない。職人としての役者が揃っていて、そういう職人さんたちの生活が成り立つようになっているということなんだろうけど。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中