クイーンとハロウィーン

ハロウィーンです。去年同様、娘はお友達の家に行ってしまったので、今年は1人で「ザ・クイーン」という映画を観に行くことにしました。面白かったです。

あくまでも映画ですから現実とは違うのでしょうが、首相官邸やロイヤルファミリーの住居スペースが、あまりにも普通の家みたいなのが意外でした。普通というより、アメリカ郊外の、つまりこの辺りのちょっとした家の方が一見ずっと豪華。イギリスの方は壁にかかってる絵が本物だったり、家具その他が実はとてつもなくお金がかかっていたりするのでしょうが、質素な印象を受けるのはその狭さ。逆に言えば、アメリカ郊外の家というのがいかに馬鹿馬鹿しく広さを追求しているかということがよくわかります。 映画を観ると、家に戻ってくるのは8時近くなるのでトリック・オア・トリートがほぼ終わるまで留守にできるという目論見もあったわけですが、今年はお天気が良くて暖かいせいか、8時過ぎても続々と子供たちが来ました。娘が小さかった頃は、子供たちが来るのを結構楽しみにしていたのですが、今や、ドアベルを鳴らされるたびにキャンディを持って玄関を開けるのがすごくめんどくさい。自分の娘がよそでご迷惑をおかけしているわけですから文句は言えませんが。10年前には、ハロウィーンの晩に決まって留守にしている近所の年配の夫婦のことを愛想のない人たちだと思っていたのですが、今になればその気持ちがよくわかります。ていうか、まるで同じことをしているわけです。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

“クイーンとハロウィーン” への 3 件のフィードバック

  1. けっこうめんどくさいものなんですね~☆(*^-^*)^-^*)☆
    キャンディーはかなりの量を買ってきてはるんですか??

  2. なんだか書き込みできなくなっているんですけど、なぜ?
     
    ところで、江戸時代後期~明治には犬の名前は「かめ」というのが通り相場だったらしいですな。
    これは外国人が飼っていて、しきりに「Come here!」と呼んでいたのを、
    犬には「かめ」という名をつけるのがかっこいいらしいぞ、と、なったとか。

  3. しばらくほったらかしている間になんだかサーバーの設定が変わっていて(結構よく変わるので、そのたびに面食らうんですが)、実はわたしもどうなっているのかよくわかっていません。いまだにブログ内のリンクのつけ方も、フォントサイズや行間の変え方もよくわからないし。困った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中