へ?

これまでも度々書いてますが、アメリカの健康保険は高い。が、年に1度の健康診断(一般および婦人科)は大抵ついています。なにしろ保険料が高いので、もとを取るためにまじめに毎年行く人が多い。わたしもそうです。40代の定期健診の場合、血圧、身長体重という基本的なものと、心電図、血液検査(コレステロールとか中性脂肪とか)、それから医者の問診プラス簡単な触診というのが普通のコースだと思います。女性の場合は、たいがいブレストイグザム(乳がん触診)もついてきます。
で、「You have a lump here.(しこりがあります)」と言われたわけです。そりゃあ、もう青天の霹靂とはこのことで。ほんの1ヶ月前に婦人科検診に行ったばかりで、こっちにも触診がついていますが、何もいわれなかった。しかも2週間前にマンモグラムも撮っていて、そっちもクリアーだった。
言われてみて、え、どこにどこに?と自分で触ってみても全然わからない。ギュッと圧してはわからないそうで、あれこれ試してみて、これかなあ、というのはなんかあばら骨の一部に触ってるみたいな感じで、そう言われてようくさぐってみれば動いてるような気もする、という程度のものです。私はこれまで、しこりが埋まるほど立派な胸はもってないし、しこりなんてできりゃわかるに決まってると思ってましたが、大間違い。絶対にわかりません。婦人科医だって見逃してるくらいだし。たまたま、私の主治医というのが触診自慢の医者だったので、まあラッキーといえばラッキーだったわけです。どうしてこんな小さなものがわかるの?ときいたら、それが触診の技術というものだ、とちょっと自慢げでした。1ヶ月に1人くらいはみつけるし、たいがいは良性なんだからそう不安になるほどのもんでもないけど、検査は必ず受けるようにと超音波検査を指示されました。
さっそく受けた超音波ではくっきりとlumpが見えてました。おととし、マンモグラムを撮ったときに、「あなたはデンスティシューなので(日本でいう乳腺が高密度であるということ)マンモグラムだけじゃわからないから超音波も1年おきに受けるように、と言われて、その時はなんのことやらよくわからずに受けたのですが、こういうことだったのか、と納得。
検査の結果を見た放射線科医の言うには「9割がた良性と思われるが1割ははっきりしない部分がある」とのことで、バイオプシー(生体検査)をするか、経過観察で半年後にもう一度超音波検査をするか、の二者択一ということでした。どっちがお勧めか、ときいたらそれは患者の性格によるそうで、不安ならバイオプシーを、というのですが、1割確率のロシアンルーレットを抱えて半年過ごしたい人なんているんだろうか。超音波で100%良性とわかるのは、シスト(中が水)であった場合で、私のはソリッド(固形)なので形状その他から見て良性とは思われるが悪性の可能性もなくはないということだそうです。バイオプシーは表面だけちょっと麻酔して超音波で見ながら針で組織を採取するだけだから、ここ(放射線センター)でできる簡単なテストだけど、即決する必要はないから主治医と相談して決めてね、と言われて帰ってきました。
そして検査結果を見たその主治医からは「すぐに専門医に行ってバイオプシーを受けるように」というご託宣。こちらは選ぶも何もない絶対にバイオプシーお勧めのようです。乳がんを経験した友人が、同じデータを見ても医者によって言うことが全然違うと言っていましたが、その通りだなと思いました。いずれにしても、私はロシアンルーレットを持ち越すつもりはありませんから、紹介された専門医へ速攻で行きました(乳がんの専門医って婦人科医ではなく外科だったんですね)。
外科では、ていねいな問診と触診がありまして、触感はラバリー(弾力がある)だし、データを見るかぎりでは良性の可能性が高いけど、年齢的に危ない年齢だからバイオプシーはすべきとのこと。そのバイオプシーも放射線科医が言っていた針によるものではなくて、切って塊を丸ごと取ってしまう方法。針で組織を採取するのは簡単だけど、たまたま取ったところ以外に癌細胞が潜んでいることもある、つまり偽陰性という結果もあるから、どうせ小さいのだし確実なのは全部とることだというのです。
「とにかく外科は切りたがるし、放射線科は放射線治療したがるし、オンコロジスト(腫瘍科)はキモ(化学療法)をしたがるのよ」と友人は言っていましたが、なるほど検査の段階から、そういう傾向はあるようです。が、ともかく検査をするなら結果が明確なのに越したことはありません。外科医おすすめの切って調べるバイオプシーに進むことにしました。 
というわけで、ここまでがこの1週間。明日はバイオプシーだ。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

“へ?” への 2 件のフィードバック

  1. マジで∑(゜▼゜;lll) ちょっと心配ですね。だけど良性っぱいですね。
    私の友人は25歳でしこりができ、大きく切除していました。だけど、今は完全復活して、ママになってますよぉぉ(*^□^*) 不安要素は取っちゃうのか一番ですよねぇ(*´∇`*) 
    神戸からお祈りしていまぁぁす(*゜ー゜)ノ彡

  2. はじめまして。私も、先月マンモで、問題は無いけどディープティッシューがあると言われ、任意だけど超音波するかと言われ、1ヵ月後の今週 超音波をとったら、同じことを言われました、今月末に採取して、さらに1週間後に分かるそうです・・・。どうせやるなら、今すぐして欲しいのに、予約で一杯だそうです。(涙)結果が分かるまでの、あと約1ヶ月 生きた心地がしません・・・・こちらに詳しく書いてあったので、ちょっと怖さが軽くなりました。ありがとうございます。ちょっと救われました!ちなみに、中身がお水かどうかは、当日にならないと分からないので、どっちになるかは、はっきりしないそうです。90%は良性と言われても、
    やっぱり怖いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中