校長の収入

ちょっと確認したいことがあって娘の学校のウエブサイトを見たら、校長が公金横領で有罪になったという穏やかならぬニュースがトップにありました。続いて校長本人のお手紙が掲載されていまして、それを読むかぎり公金横領というより、ちょっとした不精が大事になったという話なのでした。教職員のベネフィットの一つにフィットネスクラブの会費を払ってもらえるというのがあります。これはアメリカの一般企業でも珍しくない制度です。娘の学校区のシステムでは、まずフィットネスクラブの領収証を添えて申請することになっているらしいのですが、これがお役所の常でタイミングがめんどくさいらしい。それで、娘の学校の校長は先に領収書をでっちあげて後から払いこむつもりでいたのですが、運悪く腰を痛め、結局フィットネスクラブの会費は払わなかった。その後も面倒くさくてほうってあったために公金の不正入手ということになってしまったわけです。公金横領というには、あまりにお粗末な話です。でも、事情はどうあれ、横領は横領です。結構評判のいい校長だったのですが、こんなせこい話でキャリアも年金も棒に振るわけです。
こちらに来る1週間くらい前、ニューヨークタイムズのウエストチェスター版に、ニューヨーク郊外の公立学校の校長の収入が特集されてまして、それによるとウエストチェスターの校長の給与はダントツに高額。平均が年収20万ドル以上。さまざまなベネフィットはその20%くらいになるといいますから実質は25万ドルくらい。ちなみに娘の通っている学校区はマンモス校のせいか特に高く27万ドル。日本円にすれば3千万くらいです。ウエストチェスターに比べると安いといわれるニュージャージーやコネチカットでも平均で17万ドルくらいにはなっていますから、日本でいえば2千万円。1年くらい前に年収10万ドル以上(日本でいう1千万以上)の教師が学校区によっては過半数だというのにも驚いたのですが、アメリカの一部のエリアの教師の収入はすごくいい。教師というのは年金やら休みやら、ベネフィットはいいけど安月給というイメージがあったのですが、とんでもない。ものすごい高級取りです。
たかだかフィットネスクラブの会費の請求手続きをさぼったがために、リタイア間近になって、この高収入高年金を棒に振った校長はさぞや痛恨の思いにかられていることと思います。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中