人の迷惑考えろ。

暑くもなく寒くもなく、素晴らしいお天気です。昨日は今年初めてのアイスクリームトラックが来ました。アイスクリームトラックの鳴らす音楽がチンチロチンチロ遠くから聞こえてくると「ああ、もう夏も近いな」と思ってうきうきします。棒付きアイスが1つ2ドル以上ですから、馬鹿馬鹿しく高いのですが、つい子供に買ってやってしまいます。子供たちがお金を握り締めて、アイスクリームトラックに向かって嬉しそうに駆け出していく様子というのは、陳腐な映画みたいに決まりすぎの情景ですが、それだけにものすごいハッピーパワーがあります。だから、わざわざ娘に「アイスクリームトラックが来たよ」と教えてしまうくらいです。アイスクリームトラックに向かって走るには少々大きくなりすぎた娘は、最近は「いらない」ということもありますが、昨日はさすがに今年の初物が嬉しかったらしくて、2ドル握り締めて買いにいきました。
 
暖かい季節になると、週末のイベントもやたらと増えます。この週末は、私は土日続けてお琴演奏、娘はバーミツバとそれぞれ全く別行動。別行動といっても娘は1人で移動できるわけではありませんから、私がいなければ父親なり友達のお母さんなりに連れて行ってもらうことになります。そのセッティングをするのが結構面倒なのですが、娘はそんなことにお構いなく、勝手にプランを変更します。
帰宅すると、家に送り届けられているはずの娘がいない。留守電に友達の家にいるというメッセージが入っています。それならそれで、携帯に電話をくれれば、帰りがけにピックアップして帰れるのに、人に2度手間をとらせることを何とも思っていない。挙句の果てに、他の友達もいて遊んでいくから9時半に迎えに来てくれという。冗談じゃない。おまえの連絡不行き届きのせいでただでさえ2度手間になってるのに、そんなに夜遅く迎えに来いとは何事だ、今すぐ迎えに行くから用意しておくように、というと、そんならお友達のお母さんに送ってもらうと言い出します。遊びたいという自分の都合だけで、しかも、全然無計画な行動で、平気で他人様に迷惑をかけるとは言語道断。ぶち切れる母。「じゃあ、スリープオーバー(お泊り)していくかも」「ありえませんっ!」
お母さんが言ってるのはね、夜遅くに運転して迎えに行く行かないの問題じゃないんだよ(たしかにそれはすごく嫌だが)。心がけの問題なんだよ。って絶対通じてないな。ああ、むなしい。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中