パーティーガールの作り方

前項に書いた人気者の女の子のバットミツバの日、私はモールでお琴を弾くお仕事だったので、お迎えは仲良しのお友達のお母さんに頼んで、娘が先に帰宅。わたしが戻ったとき、既にシャワーを浴びて着替えていた娘は、見慣れないタンクトップを着ていました。派手なエアブラシペイントで、娘の名前がかっこよく入れてあります。バットミツバのお土産だそうです。以下、娘の報告。
「好きな柄を選んでTシャツに名前と一緒にペイントしてくれる人がいて、あとヘナ・タトゥー(特別な染料で本物そっくりのタトゥー)をしてくれる人もいたんだよ。ほら(二の腕にオレンジのタトゥー)。ほんとはずっとつけてないといけないんだけど早くはがしちゃったから、黒じゃなくてオレンジになっちゃったんだよ。カクテルタイムにはもちろんストロベリーダイキリとピニャコラーダがあったけど、タトゥーとTシャツをしてもらってたから、食べ物が何が出てたかは覚えてない(カクテルタイムにTシャツプリントとタトゥーの屋台が出ていたらしい)。でもね、ビュッフェじゃなくて、座って食べるディナーだった。ダンスしてるとね、『ファーストコースが出来ました』って呼ばれてテーブルに行くの。ファーストコースはシーザーサラダ。それからまたダンスして『メインコースが出来ました』って呼ばれる。メインはチキンとパスタで、パスタがすごく美味しかった。デザートは、すごくファンシーなアイスクリームとブラウニー。バーミツバケーキもあったけど、それは食べなかった。あとね、ウェイターが水のピッチャーじゃなくてソーダの入ったピッチャーを持ってきてリフィルしてくれるんだよ(ソーダ飲み放題)。子供はたくさんよばれてたよ。うちの学校からだけで73人いた(細かい)。あとキャンプの友達とかサッカーの友達とか他の学校の子も来てた。大人の数は覚えてない(10人、20人ではきかないのは明らか)。すごく楽しかった。最高のバーミツバだった」
そりゃあ、楽しかっただろう。500万円コースというところでしょうか。
まだ、娘が幼い頃、父方の文化だって教えた方がよかろうからヘブルスクールにも通わせようかな、とチラッと思ったことがあります。が、当の父親が全く興味を示さないので話はすぐに消えました。行かせてなくてよかったとしみじみ思う今日このごろ。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中