オリンピック中継

アメリカのオリンピックで日本の選手が放映されないのは仕方がない。でも、録画を(日本に比べればたいした時差じゃないのに、夜8時からしか放映しない)ブチブチとぶった切ってコラージュにするのはやめてほしい。フィギアのエキジビションなんか、1人見せると、次はボブスレー。また1人見せて、またボブスレー。よりによってボブスレー。エキジビションなんだから全体の構成ってものもあると思うのだけど、そんなもんは無視。しかも全員のエキジビションは見せない。そりゃ、人気のある演目は小出しにして最後までひっぱる(金メダリストとか目玉選手が出たのは11時過ぎ)というのはわかりますが、内容を損ない過ぎ。視聴者をいらいらさせるようなやり方は絶対お得なことにはならないと思います。
昨夜は7時から閉会式の放映。なぜ日曜の昼間にリアルタイムでやらないんだという不満はさておいて、いきなり1時間近くオリンピックと全然関係ないドキュメンタリー。第2次大戦でイタリアで戦ったアメリカ黒人兵のお話。関連性はイタリアのみ。こういうのは別枠でやってくれ、別枠で。それから50キロレースがあって(あれは面白かった)やっと閉会式だ。で、こちらもぶった切り。頭から火を噴くスケーターが出てきたと思ったらいきなりコマーシャル。コマーシャルが終わるともう国旗掲揚だ。あの火を噴くスケーターはどこに行ったんだ?あ、可愛い女の子が手をつないで立ってるじゃないか。あの子が歌うの?と思って楽しみにしてたらコマーシャル。次のシーンはもうカーニバル部隊の登場。つまり国歌はカット。旗持ちの行進も日本の旗持ちが誰かもわからない(でもアメリカの旗持ちのジョーイ・チークが可愛いからこれは許そう)。選手入場をタラタラうつすのだけど、どこの国の選手か言ってくれないので、開会式を見てない私にはユニフォームじゃどこの選手かわからない。白いユニフォームの東洋人が出てきたときも、日本か中国か韓国かわかりませんでした(後に判明)。
私が開会式を見なかったのは、オリンピックの放映時間にテレビをつけたら、いきなり全然見たくない競技をやってたので、そのまま見そびれてしまったから。閉会式を放送時間の最後にするのはわかるけど、どう考えたって開会式はしょっぱなにやるべきものじゃないのか。
アメリカのテレビの視聴者をひっぱる番組つなぎには、感心するものもあります。私が「やられた」と思ったのは、「アメリカン・アイドル」という超人気番組の直後にコマーシャルもなにもなくいきなり次の番組が始まったとき。「ハウス」という現代版ベン・ケーシーみたいな番組でそこそこの人気番組ではありますが、私は、そんな番組が次にあることさえ知らなかった。で、「アメリカン・アイドル」からいきなり画面が「ハウス」の冒頭になってしまうのです。この手の番組はまず最初に事件が起こってしまってそれから謎解きというのが常道なので、何これ?と思ってるうちに、最後まで見るはめになります。1時間番組のあとには長いコマーシャルとか、日本じゃ天気予報とか3分ものの番組が入るのに慣れていましたが、考えてみれば、これは視聴者にテレビを消す、またはチャンネルを変えるチャンスを与えてるようなもんです。こういうテクニックだったら「やられた」と思いながらも、気分は悪くありません。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中