村の長者様

やっと体調が回復して、家の中を見回すと惨憺たる有様で。お掃除と御節作り(アメリカに来てから正月その他の日本の行事をムキになってちゃんとやっている)で、母は大忙し。
娘は相変わらずお友達とのお付き合いで大忙し。大晦日には、学校で有名な(と娘は言っていた)長者様のお宅に遊びに行きました。なんでも娘の友達のお兄ちゃんが、その長者様宅のドッグシッターおよび留守宅番のアルバイトをやっていて、長者様は寛容にも留守の間(家が何軒もあってバケーションはどこかの別荘に行くらしい)友達を連れて遊びにきてもいいよ、と言ったらしい。それで、そのお友達がうちの娘を誘ってくれたわけです。家の中にプールがあるそうで、水着をもって出かけていきました。で、以下、娘の報告。
「70エーカーの中に、プライベート・レイクが4つあってね、家の中のプールはコンドのプールの倍くらいの大きさなんだよ(話半分としても25メートルプール以上と思われる)。プールにはジャグジーもついてるの。家の中にゲームアーケードもあるんだよ。ただゲームマシンがあるだけじゃなくてね、日本のゲーセンみたいなのが家の中にあるの。あとね、バーが4つあって、パーティーの時にはいろんなテーマのバーになるんだって」
この手の大金持ちはそうそういるもんじゃありませんが、そう珍しくもないのです。ニューヨーク近郊の町にはどこにもたいがい1,2軒はあると思います。それにしてもこの国のお金持ちの「あるもの使って何が悪い」と言わんばかりの無駄な贅沢ぶりには呆れます。何年も前のことですが、やっぱりこの手の長者様の特別一般公開お庭ツアーに行ったことがあります。その馬鹿馬鹿しいまでの贅沢ぶりに「この国は金持ちからもっと税金をとるべきだ」と述べたところ、「お金をもうけたからって、それを取り上げるのは間違ってる。サクセスはパニッシュされるべきじゃない」と元夫が反論したのでたまげました。ほんとに勝ってなんぼの国です、ここは。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中