インフルエンザ

クリスマスの日にエマージェンシールーム行きとなってしまいました。クリスマスイブに年内最後の仕事を送り終わったとたんに、まるで隙をねらったようにゾクゾクしはじめ、あっという間に高熱になり、翌日からひどい下痢と腹痛という三重苦。風邪やインフルエンザに効く薬はないんだから、ともかく寝ていようと思ったのですが、腹痛がひどくて寝ることもできません。医者に行こうにもクリスマスです。でも症状を抑える薬でも処方してくれないかと思って電話しました。アメリカの医療制度は世界最悪の健康保険制度をはじめ、ろくでもないことが多いのですが、この24時間お電話受付け体制というのは唯一日本でも取り入れて欲しい制度です。アメリカではかかりつけの開業医をまず決めるのですが、最近は開業医のほとんどがグループ診療をしてまして、そういう緊急対応を回りもちでしているのです。ですから、電話してもたいがいは会ったこともない医者と話すことになるわけですが、とにかく365日24時間いつでも対応体制は心強い。
で、その当番医に「高熱、下痢、腹痛はエマージェンシールーム行きなので(マニュアルに書いてあるらしい)、連絡しとくので行ってください」といわれ、ER送りとなりました。点滴に血液検査というお決まりのセットメニューをこなして、インフルエンザというわかりきった診断をもらって、一瞬楽になりましたが(点滴に注入された薬に催眠剤が入っていた)、当然のことながら気休めです。それから3日間、30分おきに腹痛に襲われるので、うとうとするだけで眠れない。ゲータレードくらいしか口に入らないという状態が続きまして見事なゾンビ状態となりました。階段を下りるのすら手すりにつかまらないとおぼつかないくらいで自分でもびっくり。
3日目から熱は下がりましたが、腹痛がいっこうにおさまらないので、改めてかかりつけの医者に行きました。ちょっと長引きすぎてるみたいだから、念のため抗生物質を、と処方箋をもらい、ちょうどそういう時期だったのか、実は何かの感染症でインフルエンザじゃなかったのか、今日になったらだいぶ良くなってきました。
それはさておき、昨日、医者から帰ってきて、もう疲労困憊で階段に座り込んでいたら、娘が「お母さん、明日は治る?」と訊きます。「そんなことわかるわけないでしょ。なんで?」「明日ともだちが泊まりにくることになってるんだけど」
育て方を基本的に間違えたかなと思う一瞬。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

“インフルエンザ” への 2 件のフィードバック

  1. あけましておめでとうございます。日本では。パソコン変えたときに、ここのURLを移すのを忘れてて、ごぶさたしてました。ゴロピーのインフルエンザとはお気の毒。開業医が片っ端から患者をERに送り込むようなマニュアルになってるから、ドラマではあんなに大騒ぎになってるのね。その後、お加減は如何? 暮れにお嬢ちゃん\’sが押し寄せてきて、ぶり返しちゃいましたかね。ともかく、お大事に。そして、今年もよろしく。

  2. あけましておめでとうございます。ずいぶん遅くなってしまいましたが。体調は上記のような状態でございます。よほど心がけが悪いんでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中