フットボール

娘の親友が学校で体育の時間に鎖骨を折りました。なにやってて折ったの?と聞くとフットボールだと言います。なぜ女の子がフットボールなんてやってるわけ?娘の話によると、体育の時間にはエクササイズルームでエクササイズする人とボールゲームをする人と本人の希望で分かれることもあれば、全員がボールゲームをやることもあるそうで、バレーボールだったりドッジボールだったりもするんですが、その種目の中にフットボールもあるんだそうです。しかも男女混合でやることもあるそうで。「それっていくらなんでも危険じゃないの?」娘の同級生の男の子にはすでに180センチ近くある子もいます。怪我した娘の親友は30キロそこそこの小柄な子です。「タックルはしちゃいけなくて、ボディコンタクトはしないことになってるんだけど、ボーイズにステュピッドな子もいるからぶつかってきたりするんだよ」と娘はいいます。そりゃゲームに夢中になれば、勢いあまってぶつかりもするだろうさ。でも、タックルしないでどうやってボールを奪うんだ?「ボールを持っている子にタッチしたらボールをとれるんだよ」って、なにそれ。鬼ごっこか?それってフットボールっていえるのか?どうして、そこまでして女の子にフットボールをさせなきゃいけないんだろう。とにかく男子のなすスポーツはすべて女子も参加させるべしというのがアメリカの学校のポリシーのようです。こういう危険なポリティカリーコレクトネスっていうのはほんとにやめてもらいたいです。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中