フットボール

さて、わたしがユーペンに遠征したのは土曜日。元夫も用事があり、娘の預け先がなかったので一緒に連れていくつもりでいました。が、よほど一緒に来たくなかったのか、自分で預かられ先を調達してきました。金曜日の夜から友達の家に泊まりに行くというのです。それはそれで結構なのですが、なぜ金曜日からかというと、金曜日の夜にイベントがあるから。学校のフットボールのゲームを友達と一緒に観に行くといいます。娘はフットボールどころか、何一つチームスポーツをやってきたことはないし、興味もない。それどころか、わたしも元夫もさらに両祖父さんにいたるまで、スポーツ観戦にまるで興味がないという珍しいほどのスポーツ欠落家系です。もちろんフットボールなんてルールすら知らない。
娘のいうには「みんな行く」のだそうです。興味があろうがなかろうが、この「みんな」が出てきては行かないわけにはいかないうちの娘。どうも、ハイスクールのフットボールの試合というのは、子供たちの間で必須のイベントとなっているらしい。場所こそ学校のコートですが、試合時間も金曜日の夜7時からと、思いっきりエンターテイメント扱いです。1ドルか2ドルかですが、観戦料金もちゃんととります。
で、ユーペンから戻って、娘に「フットボールはどうだった?」ときくと、「すごく面白かった」そうです。が、さらによく聞いてみると、試合が面白かったわけでもなんでもなく「誰も試合なんか見てない」そうで、ハンバーガー屋やらホットドック屋やらキャンディ屋やらが出てて、そこでみんなでだべっているのが楽しいらしい。屋台といっても、おそらく選手の父母が資金作りにやってるのだろうと思われますが、とにかくお祭り騒ぎらしい。いったいどんなものやら、一度見てみたいので「今度はお母さんが連れて行ってあげる」というと「フォローアラウンドしないでね(一緒に付いてくるな)。コートの反対側の方にいてね」とうろたえる娘。「ケイティ(昨日一緒にいった友達)のお母さんに連れて行ってもらうのも、お母さんが行くのも同じじゃない」というと「ケイティのお母さんはドロップオフしただけ(車で子供たちを連れていっただけ)」といいます。「ふうん、でも、お母さんは、あんたたちが何やってるのか見たいから行くんで、フットボールが観たくて行くんじゃないからさあ。近くにいないと意味ないんだよね」というと「絶対に来ないでね。エンバラシング(恥ずかしい)だから絶対に来ないでね」とますますうろたえる娘。
これは使えるかも。片付けないと、フットボールに行くよ。日本語の宿題やらないと、フットボールに行ってやる。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中