記憶喪失

東京から戻ったらニューヨークは東京より暑かった。それにしても暑い。どんなに暑くても朝晩はひんやりしてるのが普通なんですが、夜も蒸し暑い。
日本滞在は、いつものことですが、あっという間に過ぎてしまいまして、やり残したことばかりなんですが、何をやり残したのか既に覚えていません。東京には3週間半いましたが、3週間目の終わりごろ、友達にアメリカの家の電話番号を教えようとしたら、自分の家の電話番号を忘れていて愕然としました。いくら考えても局番までしか思いだせなくて、とうとう留守番してた娘に携帯で聞きました。あたりまえですが、娘は覚えていました。人の名前、しかもすごく近しい人の名前が出てこないっていうのは最近頻繁に起こるんですが、まさか自分の家の電話番号まで忘れるとは。
でもって、ニューヨークの家に戻ってみると、何をどこにしまったか思い出せない。いつも出発直前にバタバタと片付け物をするからこういうことになるんですが、これは毎年のことなので、危ないなと思ったものは手帳にしまい場所を書いてあります。ところが、絶対に大丈夫と思ったもの、つまり日常的によく使うものが思い出せない。
私はもともと物ごとを覚えていられない性質です。「こういうことがあったよね」とか「こういうこと言ってたよね」とか昔(10年以上前)のことを言われても覚えていたためしがありません。それにしても、たかが2,3週間で、こんなに忘れちゃうとは、あまりに情けない。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

“記憶喪失” への 2 件のフィードバック

  1. 忘れちゃうんですかぁ。太るのはともかくとしてもなぁ・・・・・・。上の話題に比べると深刻かもしれません。

  2. こっちのほうは若いときからのことなので、実はそんなに気にしてないんですか。人間忘れるのも生きる能力のうちです。電話番号くらいは覚えていたいけど。若いうちから物を覚えられない人がアルツハイマーになる可能性が高いってことはなさそうだし(ないと信じよう)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中