ハリケーン

強烈なハリケーン、カテリーナのおかげで、ニューヨークまですごい湿気でどんよりした天気が続いています。ニューオリンズはすごいことになっているようで、アメリカは台風も規模がでかい。被害にあった人はまことにお気の毒ですが、昨日から24時間体制でカテリーナのことばかりぶっつづけで放送しているCNNのキャスターがとんでもないことを繰り返し言っていました。「ニューオリンズの被害は第二次大戦時の広島に匹敵するものです」って、ぜんっぜんちがうだろっ!この常識のなさ、センシティビティのなさはすごい。原稿を書くやつもとんでもないけど、平気で読んじゃうキャスターは何なんだろう。もう良い悪い以前に、どうすれば台風の被害を形容するのにヒロシマを引き合いに出すという発想ができるのか理解できない。しかも一応はジャーナリストであるはずの人がこれ。
広告

お月見

うちの近くにHammond Museum Japanese Gardenという日本テーマの小さなミュージアムがあります。こんなド田舎にいったい何?どうやって経営してるの?という謎だらけなミュージアムなんですが、そこで毎年夏にファンドレージングのお月見の夕べがあります。ここ数年、そのお月見で、わたしの琴の師匠が演奏してるんですが、あまりにもうちのすぐそばなので毎年わたしも参加させてもらっています。今年も一緒に弾かせてもらいました。
ニューヨークは8月も半ばになると、もう秋の気配でして、その点では、日本の旧暦の感覚に近いかもしれません。いつもだいたい8月後半にお月見の夕べがあるんですが、あわせの着物を着てても寒いこともあります。さすがに今年は単衣でも暑かった。それでも単衣と言ったってちゃんと長じゅばんから着てるわけですから、東京に比べれば、かなり涼しいことは確かです。東京では、夏が終わって涼しくなるとホッとしたもんですが、ニューヨークでは涼しくなってくるとなんとなく寂しい。今年は暑くてまいるなあと言っていたのに、涼しくなると「もう夏はおしまいっ」と言われてるようで暗くなります。なにしろ冬が長いんで。
で、お月見ですが、毎年、呪われてるのかと思うほど月は見えない。今年も夕方まで雨で夜も曇っていてすごい湿気。夜の湿気というのはものすごくて、しかも会場になっているのは池のある庭なんで楽譜がしっとりしてくるほど湿気がすごい。湿気で楽譜がめくれない、それ以前に暗くて楽譜が読めない(照明らしい照明がない)ということがこれまでの経験でわかっていたので、今年は暗譜をめざして真剣に練習しました。実は3年前のお月見では、同じ曲(千鳥)で途中でどこ弾いてるかわかんなくなって合奏が破綻して替手を弾いていた師匠が本手に切り替えてくれて途中からユニゾンになってしまったのでした。今年はとにもかくにも最後まで合奏が破綻しなくてよかった。
 

痩せない

日本から戻って以来、当面の目標は体重をもとに戻すことです。食べる量は腹六分目、運動は1時間以上毎日、という、まあどうってことない作戦です。食べる量はかなり減らしています。その上、甘いものには手を出さず、酒もほとんど飲まず、エクササイズも忠実にしています。で、既に3週間、少しはからだがすっきりしてきたような気がしたので、ターゲット(量販店)に体重計を買いにいきました。これまで、うちには体重計がありませんでした。これも、いつのまにか太っていた原因かもしれません。で、ちょっとわくわくしながら、計量。ぜんっぜん痩せてない。どころか、7月の健診のときよりさらに2ポンド増えてる。なぜっ?ためしに娘をのせてみたら、昨日ドクターで計ったときより減ってるというので、体重計のせいじゃないことはたしか。
「お母さん、アメリカでは太ってないよ」と娘になぐさめられました(少しもうれしくない)。そりゃアメリカじゃ太ってないだろうよ。だけど、そもそも体型が違うの。
それにしても、どうしてなんだろうか。思わずやる気なくして、暴飲暴食に走りたくなります。

時差ボケ

戻ってきて2週間、やっと時差ボケがなおってきました。年々、時差ボケの克服がきつくなってくるような気がします。娘は1,2日でケロッとしてますが、先週1週間、父親と西海岸に行っていたので、今は逆の時差ボケ。夜は2時、3時まで起きていて、朝は昼近くまで起きられない。わたしとは全く逆転した生活です。
それにしても、暑い。華氏90度を越えた日が、昨年はたった2日だけだったのに、今年はすでに19日だそうで、東京なみに暑いです。で、昨日はそこにものすごい雷雨。夏の雷雨なんて、せいぜいが1時間かそこらでおさまるものなのに、昨日は午後から夜にかけてずっと。その間1時間程度の停電が1回。あとチョコチョコと消えては着くのが数回。チョコチョコとでも消える度に家中のデジタル機器の時刻を設定しなおさないといけないので、すごくめんどくさい。

記憶喪失

東京から戻ったらニューヨークは東京より暑かった。それにしても暑い。どんなに暑くても朝晩はひんやりしてるのが普通なんですが、夜も蒸し暑い。
日本滞在は、いつものことですが、あっという間に過ぎてしまいまして、やり残したことばかりなんですが、何をやり残したのか既に覚えていません。東京には3週間半いましたが、3週間目の終わりごろ、友達にアメリカの家の電話番号を教えようとしたら、自分の家の電話番号を忘れていて愕然としました。いくら考えても局番までしか思いだせなくて、とうとう留守番してた娘に携帯で聞きました。あたりまえですが、娘は覚えていました。人の名前、しかもすごく近しい人の名前が出てこないっていうのは最近頻繁に起こるんですが、まさか自分の家の電話番号まで忘れるとは。
でもって、ニューヨークの家に戻ってみると、何をどこにしまったか思い出せない。いつも出発直前にバタバタと片付け物をするからこういうことになるんですが、これは毎年のことなので、危ないなと思ったものは手帳にしまい場所を書いてあります。ところが、絶対に大丈夫と思ったもの、つまり日常的によく使うものが思い出せない。
私はもともと物ごとを覚えていられない性質です。「こういうことがあったよね」とか「こういうこと言ってたよね」とか昔(10年以上前)のことを言われても覚えていたためしがありません。それにしても、たかが2,3週間で、こんなに忘れちゃうとは、あまりに情けない。