新しいコンピュータ

東京にいる間に使っていた母が遺したノートパソコンがついに立ち上がらなくなって、新しいノートパソコンを買いました。その無線lanのセットアップに四苦八苦して1週間近くかかりました。あっちこっちのテックサポートに電話したのですが、肝心のルーターのテックサポートに電話がつながるのに1週間近くかかりました。最初から必要なのはルーターのテックサポートだってことはわかっていたのですが、あんまり繋がらないので、たいして関係なさそうなメーカーのテックサポートだのブロードバンドのプロバイダーだの、いろいろかけてしまいました。その上、いろいろいじってるうちにわけのわかんないことになり、まだ使いはじめてもないのに、フォーマッティングまでするはめになってしまいました。
日本のテックサポートはどこも受付時間が短い(週日の10時から5時、しかも1時間の昼休憩があったりする)上、ルーターのテックサポートはずっとお話中。ほかのテックサポートは繋がることはすぐ繋がったのですが、ルーターは単価が安いだけにテックサポートにお金をかけてないにちがいない。待たされるのなら待てばいいんですが、お話中では、ひたすらかけ続けるしかありません。暇さえあれば、電話をかけ続けて1週間目にやっと繋がったわけです。繋がったときは間違いかと思ったほどです。いったん繋がってしまうと、日本のテックサポートはみなとても丁寧で親切です。しかも辛抱強い。コンピュータを立ち上げたり再起動したりする間もじっと待ってます。これだけ繋がらないと、いったん繋がったからには、かけた方は絶対きられまいとするから、よけいつながらないんですね。30分ほどテックサポートを煩わせて、やっと問題解決。
テックサポートのテクニシャンは皆さん、アメリカのテックサポートよりはるかに感じよくてヘルプフルでしたが、あの受付時間だと、フルタイムで会社勤めをしている人なんかは、絶対利用できないことになります。みんなどうしてるんだろう。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中