Wicked

ものすごく久しぶりにブロードウエイのミュージカルを観てきました。「ウィケッド」。オズの魔法使い外伝みたいな話です。ニューヨークに来たばかりの頃、って15年以上も前ですが、マンハッタンに住んでいたこともあって、せっせとミュージカルだのバレエだのを観ていました。で、最初こそ本場のミュージカルってことで、かなり気負って観ていたのですが、ブロードウエイ・ミュージカルは「感心はするけど感動しない」という結論を出して、ここ10年ほど日本から母が来たときにお付き合いする程度になっていました。
が、ウィケッドは娘が珍しく、というか初めて観たいといったので、それならば、ということで気合を入れてチケットを入手したわけです。ブロードウエイ・ミュージカルにケチをつけていても、わたしは基本的に芝居やダンスは大好きで、趣味の全く合わない娘と珍しく一緒に楽しめるかも、というのが嬉しかったのです。かつて「くるみ割り人形」に連れて行ったら、幕が開いて3分で「帰ろう」と言った娘が、なぜ突然ミュージカルを観たいと言い出したかというと、友達がみんな観てるから。うちの娘までが観たいというくらいですから、「ウィケッド」はかなりの人気ミュージカルで、2ヶ月前にチケットを取ろうとしたときに既に週末は10月まで完売。それで火曜日のオーケストラの隅っこをやっと確保しました。
で、どうだったかというと、すごく面白かった。生の舞台を観るのは本当に久しぶりだったので、幕が開いた瞬間から、ああ、やっぱり舞台はいいなあと、それだけで感動してしまいました。ほとんど上手端の席でしたが、前から4列目ではあったので、迫力もあったし。舞台はやっぱりかぶりつきにかぎります。主役の緑の魔女をやってる女優がすごくいい。舞台となっているのは、オズの魔法使いの住むオズで、話としては、女の友情の物語。アメリカらしいヒューマニズムの溢れる話です。人気のあるブロードウエイ・ミュージカルは、まず何を観ても、ほぼ100%感心することができます。役者の技術から衣裳、装置にいたるまで、さすがトッププロのお仕事です。ウィケッドも本当にすごい。歌もダンスもうまいし、装置も衣裳も豪華だし。で、感動したかというと、結構感動しました、これが。結末がちょっとチンケなんですが、前半はことに素晴らしかったです。主役の魔女二人がほんとに面白い。popularであることというのが、一つのテーマになっていて、この芝居がティーンエイジャーに受けるのがよくわかります。being popular というのはティーンエイジャーのオブセッションですから。二人の魔女と三角関係になる王子様みたいなのが出てくるのですが、このイケメン王子様は徹底して「君に付いて行こう」というタイプです。キャリアや正義を目指して闘う魔女二人の人生の中では、この王子様、結構どうでもいい存在だったりして、なかなかニューヨーク的な話です。
言いだしっぺの娘も、予想以上にはまりまして、高いチケット奮発しただけのことはありました。次は「マンマ・ミーア」が観たいそうです(これも「みんなが観てる」)。ブロードウエイのミュージカルというのは、なまじロングランをしているだけに、いつでもいいやと思ってるうちに旬を過ぎてしまうことが多いので、これから、娘をダシにたまに観に来ようと思います。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中