プール

また蒸し暑くなりました。今年のニューヨークの夏は暑い。
学校が夏休みになって、コンドに住む子供らは、みんな1日中プールにいます。そして、そのまま、夜は誰かの家に遊びに行ったり、泊まりにいったりしてしまう。親のこともよく知っている同じコンド内のことだから、安心といえば安心だけど、なんだかもう、子供らはタガが外れたようなはしゃぎぶりです。それもこれも、娘の学年は、今年からプールに親の監督なしで入れてもらえる年齢になったから。日本じゃ、町のプールくらい小学校の3,4年生にもなれば友達どうしで勝手に遊びに行きますが、アメリカのプールはそういうことにうるさい。だから、親の監督が必要な年齢では、1日中プールにいるってわけにはいかなかったのです。子供は暇ですが、大人は一日中プールに寝そべってるわけにはいきませんから。で、晴れて一日中プールで過ごすことのできるようになった子供たちはうれしくてしかたがない。朝からプールサイドに腰を据えて、まるでプールの主状態。
アメリカの郊外にはプールのある家も珍しくありませんが、家になくても、大抵はコミュニティ・プールがあったり、近くの湖(やたらと多い)にビーチがあったりします。ちなみに学校にはプールはありません。だから、子供たちは学校で水泳を習うということはありませんが、こういうコミュニティプールやビーチが夏の遊び場に決まってるので、泳げない子供というのはまず見かけません。都心は別ですが。
で、そういうプールやビーチには小さい子供を連れたお母さんや、孫の子守をしているおばあちゃんもいますが、朝からご出勤で主のような顔をしているのは、大抵がうちの娘くらいのローティーンの子供たちです。1,2年で飽きて、炎天下、1日プールにいるなんて実はたいしてクールなことじゃない、と気付くらしく、ハイスクールくらいになると、あまり姿を見なくなります。
夏休みは始まったばかりなのに、娘はもう真っ黒。日焼け止めはつけさせていますが、子供らは陽射しに気をつけるなんてことはしないので焼け石に水です。お肌にはよくありませんが、プールで大威張りの子供たちは、まことに楽しそうで、まあいいか、と思ってしまいます。
広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中