寒いじゃないかあ

昨日(火曜日)はまたまた暑くて、昼間は34度くらいになって、湿気も東京に負けないくらいでした。その熱波の中、師匠のおともでお琴を弾きに行きました。うちとマンハッタンの中間くらいにあるオフィス街の図書館のフリーコンサート。場所は道。スカルプチャー・ガーデンと名前がついているらしいんですが、ビルの横のちょっと広めの歩道。まわりはビル。広い3車線道路に囲まれて車がブンブン走ってます。当然アスファルトに真昼の陽射しがガンガンあたりまして、くらくらするような暑さ。ここ1週間異常に暑かったので、浴衣で許してもらいましょう、ということになったのですが、浴衣だって暑い。例年なら爽やかな天気の時期なので、こういう野外コンサートがスケジュールされてるわけですが、こんな炎天下じゃ立ち止まろうとする人だってそうはいません。だいいち暑さのあまり人がほとんど歩いてない。その上、主催者の段取りが唖然とするくらい悪くて、師匠は切れる寸前。なにしろ路上なので、走る車やら何やらの風にあおられて楽譜のページはめくれまくり、それをおさえようとして、間違えまくるわたし。とうとう師匠の楽譜が譜面台からすっとんだ。それを、主催者が拾ってくれた。と、思ったら譜面台に載せずに遠いところに片付けてしまいました。コンサートの企画やってながら楽譜は必要だから譜面台に乗ってるんだってことがわからないのかあ。それでもさすがに師匠は動じずに弾き続けます。基本的に師匠から暗譜を要求されることはありませんが、やっぱり暗譜に近いくらいに練習しとかないとまずい、ということがよくわかりました。こういうことがあるから。で、その後、今度は私の琴の柱が飛びました。低音をとっている一の柱では時々あることなんですが、それを拾った主催者は、また私と目も合わさずに片付けようとするじゃないですか。「それはこっちにちょうだい」と必死で小声で叫んで奪還。せめて、どうするか目線でたずねるくらいのことはしてください。

で、一夜開けて水曜日。涼しい風が吹いて、空はどんより。気温は真昼間も17度くらい。肌寒い。でもって夜は摂氏10度まで下がるそうで。夕方には寒くて窓を閉めました。今週いっぱい涼しいそうです。

明日から1週間娘は究極の短縮授業。9時50分下校。って行く意味あるのか。これから1週間、学年末試験が毎日1科目ずつあるそうです。まとめてやって早く夏休みにしてくれれば、日本に早く帰れるのに。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中