母の日と寝ぼけ

今週の日曜日は母の日で、ニューヨーク周辺では、母の日を過ぎたらプラントを外に植えても大丈夫(霜や夜の寒さにやられる心配はない)ということになっていますが、全然暖かくなりません。相変わらず暖房がなきゃ過ごせないし、夜は摂氏5度くらいには下がります。

で、母の日ですが、娘が生まれて初めてわたしより早く起きました。赤ん坊の頃から夜型で、わたし自身が朝型だということもあって子供に起されたという経験が全くありません。なんだか猫がガタガタうるさいな、と思って目が覚めたら猫ではなくて、娘が台所で朝ご飯を作っていたのでした。母の日とか誕生日には「朝ご飯を作ってくれる」というオファーはこれまで何度も聞いているのですが、実際にわたしが寝ているうちに作ってくれたのは初めて。目玉焼きとイチゴとコーヒー。コーヒーは淹れられないので裏のベーグルショップまで行って買ってきました。(うちにはコーヒーメーカーがなくて小鍋でお湯を沸かして淹れるので、娘はまだ自分でやってはいけないことになっている)。

毎日こうあって欲しいものですが、日頃は娘を起すのに一苦労です。どうやって目覚ましもなく早く起きられたのか不思議。本人もなぜ起きられたのか不思議だそうですが、それくらい気合が入った朝ご飯だったわけです。

で、夜のこと。娘が寝た後、一人でコンピュータに向かっていたら、ドスンという音がしました。ベッドから落ちたのかなと思って様子を見に行ったら、娘が立ち上がって歩いています。「どうしたの?」というと「オレ」と言います。娘は「オレ」という一人称は使ったことがありません。「オレって何?」というと、また「オレ」と言って真っ暗な台所に向かって階段を降りていこうとします。「ちょっとどこ行くの?」と聞くと「マッサージが欲しい」(このマッサージが英語発音なのでマッスースに聞こえる)。顔ははっきり起きてて眠そうな顔もしてませんが、言ってる内容はどう考えても寝言。なんかマジで恐かったです。娘の寝言やスリープウォーキング(寝歩き)は珍しくありませんが、それにしてもこんなにはっきりしたのは初めて。「早く寝なさい」とベッドに連れて行って「何寝ぼけてんの」というと「へへへ」と笑って、素直に寝ました。朝になったら本人は全く覚えていませんでした。まるで狐つき。

 

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中