琴ツアー3:脳みそ省エネ切り替えをしない男

一昨日のニューヨーク・コンサート、昨日の桜祭りで、琴ツアーも終了。このツアーにはお琴が30人くらい、三味線が5,6人参加してるんですが、その他に数人の演奏者の夫およびボーイフレンド部隊が裏方として、ずっと手伝ってくれていました。楽器の移動からセッティングまで、それはそれは、まめまめしく働いてくれる上に、誰を探してこいの、何を持ってきてくれの、というパシリ仕事まで文句一つ言わず(重要)、それどころか、よく気がついて(これも重要)すぐに(すごく重要)動いてくれます。妻のために、とんでもない早起きをして大荷物運んで運転して、言われた通りの裏方用コスチューム(黒の上下にネクタイ)に着替え、2週間分の週末を完全に潰して妻の仕事や趣味の協力するあっぱれな夫、というものも世の中には存在するんですね。もちろん参加者全員の配偶者およびボーイフレンドが、お手伝い部隊のようなわけではありませんから、わたしと同じように「いやあ、目から鱗」と思ってる人もいるわけです。ていうか、きっとその方が多い。

何か頼むと嫌な顔する(とても鬱陶しい)。絶対にすぐにやらない(自分でやった方が早い)。一応やってくれても、嫌がらせかと思うくらい気のきかない事をする(文句言うとふてくされる)。というような事を繰り返して、わたしの場合は、だったらいない方がいいや、になったわけですが、そこまで行かなくても、夫はあてにしない、というのが当たり前になってるケースは世の中多いと思う。別に頭が悪いわけでも鈍いわけでもないのに、妻の依頼事項となると、突然脳ミソ省エネモードになるのは、いかがなわけなのだろうかと、目鱗組は常々思っています。だから、脳ミソも体力もパワー全開で妻のお手伝いをする夫・ボーイフレンド部隊のえらさは驚き。次は、ぜひ省エネ切り替えなしの男をみつけたいものです。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中