Zap

昨日から娘の学校で急に流行り出したゲーム、ZAP(意味不明)。友達の手の平に適当な異性の名前を書きます。タレントとかじゃなくて、クラスメートとか全員が知ってる名前です。で、決まった時刻を手の甲に書き込みます。その時刻が来るまで書かれた本人は自分の手の平に書かれた名前を見てはいけません。もし見ちゃったり、他の人に見られて、書いてある名前がわかっちゃったりした時には、その人(書かれた名前の持ち主)に"Will you go out with me?"(付き合ってください)と言わなきゃなりません。指定の時刻は30分後のこともあれば、3時間後のこともあって、その間ずっと「見たい」好奇心と闘うというのがゲームの要らしい。ですが、突然の大流行で男の子も女の子も学校中でやってるので、「よっぼどdesparateな人以外は付き合ってくださいって言われてもNoっていうに決まってる」のだそうです。書かれる名前は書き手の気分次第で、ある男の子は担任の先生(推定年齢55歳以上)の名前を書かれてうっかり見ちゃったために、先生に「付き合ってください」と言うはめになったそうです。答えは"I’m married."だったそうで、先生も当然Zapの突然の大流行は把握しています。娘の親友は、うっかり見ちゃった名前がYesと言いそうな(つまり大変desperateな)男の子でした。娘は「Yesって言われたら、We are over(私達の仲はもう終わったの)って言ってslap(横っ面をはる)すればいいじゃない」(そういうシーンがかっこいいと思ってるらしい、ウププ)とアドバイスしたそうですが、ズルして言わなかったそうです。名前を書いてもらうのに"Can you zap me?"とお互いに依頼しあってするゲームなので、そういうズルをすると誰もZapしてくれなくなります。

「なんか意味ないゲームじゃない?そんなの面白いの?」「でも、男の子がやってるBloody Knuckle(血まみれ関節)よりいいよ」。このゲームはお互いに握り拳を差し出して、そこに25セント玉をぶつけ合うのだそうです。指の関節から血が出るまで。馬鹿です。「すごく気持ち悪いんだよ。男の子がみんな手から血が出てて、かさぶただらけになってるの」。これは3日前に流行りだして、さすがに学校から禁止条例が出たらしく(当たり前だ)昨日で流行は終わったそうです。しかし25セント玉程度で血が出るもんだろうか。「よけちゃいけないの?」「チキン(臆病者)じゃないこと見せるゲームなんだから、よけないの。ただ力いっぱいぶつけるだけ。Boysってさあ、汚いクオーター(25セント玉)でインフェクション(化膿)になることとか考えないんだよね。Stupidだよね」。珍しく意見が合ったね。お母さんもそう思うよ。

 

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中