ダンスダンス・レボリューションとミシン

家の近くに大型ディスカウントストアのTargetが今日オープンしたので、行ってきました。そしたら、2週間前に、どこに行っても品切れだったダンスダンス・レボリューションがあったので、つい買ってしまいました。本当は、猫のドライフードがきれたのを買いに行っただけだったのに、他にも細々と買ってしまい、大出費。娘にうるさくせっつかれて購入したダンスダンス・レボリューションですが、やってみたら一緒にはまってしまい、大疲労。確かに運動にはなります。

先週、シアーズでミシンを購入したのですが、これをやっと開けてみました。実はミシンというのが苦手で、触るのは中学の家庭科の授業以来です。なぜミシンを買う気になったかというと、カーテンを縫いたいから。サイズ、柄の気に入ったカーテンを買おうとするとえらく高いし、あんなもん直線縫いなんだからミシンを買って布を買って縫ってみようという計画です。買ったはいいけど、なにしろ糸の掛け方もわからないもので、マニュアル読むのがめんどくさくて、放ってあったんですが、いつまでもそのままってわけにもいかないので、やっと箱から出したというわけです。丁寧にマニュアル通りにやってみたら、ちゃんと縫えました(って当たり前か)。が、ミシンを使うことそのものは簡単なんですが、まっすぐに縫うことが結構難しいことが判明。今日作ってみたのはクッションカバーで、ちょっとくらい縫い目が斜めだろうがよたっていようが中身を詰めればわからなくなるんですが、カーテンみたいな大物で斜めになったら、これはちょっとよくないかも。布をひっぱってみても軌道修正できないし、かといって手を離すと、もっと曲がるし。どうすればまっすぐ縫えるんだろう。

アーデシーですが、「ホーマーのアーデシー」と言われて、娘は今ちょうど歴史でギリシャ・ローマをやっていたことを思い出したのでした。ホメロスのオデッセイです。エクストラ・クレジットというのは、たとえばテストが70点だったら10点上乗せしてあげましょうという、一種の敗者復活戦で、この暗誦みたいに、とにかく努力さえすればもらえることになっています。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

“ダンスダンス・レボリューションとミシン” への 1 件のフィードバック

  1. 「×××のアーデシー」って車の名前みたいと思っていましたが、正解は「ホンダのオデッセイ」だったのね。当たらずといえど遠からじでしたか。あ、車の話じゃなかったんだ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中