紅白を見る会

郊外に住む日本人の友人宅で「紅白歌合戦(のDVD)」を見る会に行ってきました。日本人のお母さんたちばかり10人近く集まって、週末の夜に飲み食いしながらDVDを見ようというだけのことですが、たかが紅白がイベントになるのはやはり海外ならでは。テレビジャパン(NHKの国際放送バージョン)を受信している人が録画したものを持ってきて、皆で見ようという企画です。私のような永住者と、駐在員家庭のお母さんと半々くらいでしたが、さすがに駐在組のお母さんたちは出演者のこともよく知っているので、「これ、だれ?どんな人?」と解説をききながら見ると、なかなか面白いです。はっきり言って、紅白を面白いと思ってみたのは初めてです。別に今年のができが良かったわけでも何でもなくて、解説が面白かったわけですが。永住組はみんな日本を離れて少なくとも10年以上は経過しているので、名前知ってるのは演歌歌手くらいなもんで、その子供たちにいたっては火星人でも見ているような感じです。驚いたのは、親の駐在でこっちに住んでいる子供たちが日本のアイドル歌手に詳しいこと。駐在も4年5年と長くなると、子供たちは英語よりも日本語の維持に四苦八苦するようになりますが、こういうアイドル情報に関してはしっかりキープしています。10年前に比べて日本のメディアがアメリカでもたくさん見られるようになったことは、帰国子女の日本への溶け込みに一番役立ってるかもしれません。

本当に日本では韓国がブームなんですね。近所に住む日本人の友達がスーパーの寿司売り場で(最近のニューヨーク周辺のスーパーには必ずといっていいほど寿司売り場があって、たいていは中国人か韓国人がオーナー)"Are you Japanese?" と聞かれたので、そうよ、というと、"Do you know Yon sama?"ときかれたそうです。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

“紅白を見る会” への 2 件のフィードバック

  1. こんにちは(東京は正午過ぎ)。この2週間ダイヤルアップ接続だったので、ここまで見に来ませんでした。今朝、ブロードバンドが開通しました。快適です。紅白歌合戦は毎年まともに見てないですねえ。NHKは前回、視聴率稼ぎにYon-samaを引っ張り出そうと懸命だったようですが、見事に袖にされてましたし。ちなみに私、去年の大晦日は裏番組の『でぶや』を見て笑い転げてました。こんなこと書いても、どんな番組か想像がつかないでしょうけれど。

  2. 2003年大晦日の紅白?マツケンサンバが一番だったのではないかしら。あとはジョン・健・ヌッツォの「新選組!」のテーマ。SMAPが出てなかったので、ろくに見てませんでした。(東京、2月15日の0時半)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中