子供らのお洋服

また雪。朝6時半に学校のウエブサイトを見たら、2時間デレイ、がんがん降ってるので一応もう1回7時半にみたらキャンセルに変更(休校)。予定大くるいです。でも気温は華氏20度代なのであったかい。雪だるまもできそうな雪。

昨日、娘のコーラスコンサート用の黒のスカートと白のシャツを買いにモールに行きました。娘は3歳の時以来、冠婚葬祭以外にスカートを絶対にはかないのだけど、これは学校からの指定なので仕方がない。最近急激にお洋服のブランドにうるさくなった娘も、これはコンサート以外に着る気がまったくないコスチュームなので、フリフリしてなくて着られればいいや、という姿勢であっという間に決まる。スカートはlimited tooで70%オフの9ドル。上はH&Mでプレーンな長袖のTシャツ7ドル。ここまでは、平和。が、問題は先週あたりから急に娘が欲しがりだしたキャミソール。この寒いさなかに何でキャミソールかというと、上に長袖のポロシャツをボタンを開けて着るんだという。ふーーん、他の子たちがそうやって着てるわけね。

だいたいミドルスクールくらいの子供たちっていうのは、もう恥ずかしげもなく、みんな同じものを着たがる。ジャケットは絶対にNorth Faceのフリースじゃなきゃだめだし(ほとんど同じものがランズエンドなら39ドルなのに、これが100ドルもする)、シャツやセーターはabercrombie、クロッグはBirkenstock(懐かしい70年代ものもいろいろ復活してます)。で、娘の言うキャミソールっていうのは、当然abercrombieので、15ドルもする。たかが子供の下着に15ドルかあ?

abercrombieっていうブランドは、去年の9月ごろ、娘が騒ぎ出すまで私は存在すら知らなかったのだけど、ここ何年かティーンエイジャーに圧倒的に人気があるブランドらしい。シャツでもセーターでもピタッと超細身にできていて、えりぐりは思いっきりえぐれているデザインが多い。郊外モールには軒並み出店していて、10代の子供達で大繁盛してますが、これだけ流行っていながら、マンハッタンには店舗がない。つまり親がかりの年代の子を狙い撃ちしてるわけです。あんまり景気のよくないアメリカのアパレル業界で、このカテゴリーは今期クリスマス商戦一番の勝ち組。ちなみに負け組み代表はGap。サラ・ジェシカ・パーカーでおばさん相手にしてる間に、若い子の間ではかなり情けないことになってるようで、ファッションに関してはどん尻に近いフォロワーであるうちの娘ですら「Gapはかっこ悪い」といって、もう近付きもしない。母はGapのセールス・ラックには、まだお世話になってますが。

で、ちょっと思い立って、株価を見てみたんですが、おおっ、この1年でabercrombieの株価はなんと2倍!しかも急激に上がっているのは去年9月から。ってことは、娘が騒ぎ始めた頃に株を買っていれば大儲けだったのにい。「みんな持ってる」i podのアップルの3倍には負けますが、2倍といえば、あれだけ大騒ぎになったgoogleに匹敵するわけじゃないですか。「お友達は今他にどんなブランド持ってるの?」と思わずファッション・フォロワーの娘に聞いてしまったのでした。

広告

投稿者: motokokuroda

アメリカ生活も四半世紀を超えました。お料理から政治まで、興味のおもむくままに。

“子供らのお洋服” への 1 件のフィードバック

  1. ビックリ!スカート穿くときもあるんだ文ちゃん。まあ指定だから仕方ないか。いろいろお年頃ですね。益々エスカレートするだろうね。お母さんがついていくのも大変ですね。GAPはそうなんですか、確かにあまり魅力感じなくなりましたよね最近は。日本にもバナナリパブリックが出来るそうで、ちょっとがっかりです。雪が続きますね。勿論この前の雪はサラサラで残ったまま?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中